毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一本桜

山梨から長野にかけて、富士川に沿って見頃を迎えた一本桜をめぐってきた。
花勢盛んなソメイヨシノの並木も美しい。しかし一本桜はまた格別の魅力を持つように思う。開けた田園に立つ一本桜は凜として美しく、周囲の風景を取り込んでなお引き立つ。山あいの鄙びた村にその存在を誇示するがごとく立つ老桜は泰然自若として生命力の感動を与える。桜を集落の長老がごとく守る地元の人々の愛情もまた美しい。花の美しさ以上に、それぞれの花を抱いた木の表情に魅力を感じて、遠くまで出掛けても一本桜は眺めたくなる。

2010040401原間のイトサクラ

2010040402本郷の千年桜

2010040403

2010040404身延山久遠寺

2010040405JR身延線塩之沢駅

2010040406

2010040407わに塚の桜

2010040408山高の神代桜
  1. 2010/04/04(日) 23:30:25|
  2. 桜・巨木・古木

今年最後の桜

 去年に引き続き,おそらく今年も中尾温泉で最後の桜ということになりそうです。

中尾温泉の桜
  1. 2009/05/07(木) 00:28:17|
  2. 桜・巨木・古木

義経の駒つなぎ桜

 朝7時すぎに現地に到着したが,すでに多くのカメラマンが列をなしていた。車も数十台止まっており,桜から程近い駐車場はほぼ満車。朝からすごい人気。
 ラッキーなことに,地元の方による,桜を前にした奉納の舞を見ることが出来た。

210418-1

210418-2

210418-3

  1. 2009/04/21(火) 23:47:42|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑のしだれ桜

畑のしだれ桜を見てきた。

 満開を少し過ぎて散りすぎたらしい。地元のおじさんによると,朝はまだまっピンクだったのが,夕暮れが近くなるとすっかり緑の若葉目立ってきたとか。いやいや,まだまだ立派に満開でした。
 
 草津~こんぜの里~畑~信楽~国道422号線~瀬田~草津 約60キロ400UP。

畑のしだれ桜1

畑のしだれ桜2

畑のしだれ桜3

  1. 2009/04/13(月) 20:59:31|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

醍醐桜

 夏を先取りしたような暑さのなか,岡山の一本桜を見に出かけた。

 道の駅醍醐の里に車を置いて醍醐桜へ。国道からはずれてまもなく,細い田舎道に大渋滞が発生していた。約5キロくらい。ガードマンに聞くと3時間以上はかかるようだ。自転車はその横をスイスイ駆け抜けて,30分ほど。自転車が無くても,あの渋滞を考えると,早めに車を置いて歩いたほうがよっぽど気持ち良いだろうに。
 醍醐桜は,期待に反せず本当に立派な大木。桜の季節でなければとても桜の木とは思えないような大きさで,山の王様といった風格である。

醍醐桜1

醍醐桜2

醍醐桜3

醍醐桜4

 続いて,細い山岳道路を走って

やまさと

峠

 岩井畝の大桜へ。大きさは醍醐桜には及ばないものの堂々と落ち着いたさまはなかなかのもの。観光客も少なく,のどかな雰囲気が落ち着きをいっそうかもし出していた。
 
岩井畝の桜

 夜は湯原温泉へ。名物の砂湯は夜でもいっぱいの人。勇気ある女性がタオルをまきまきにして入っていたけど,人が多すぎて,これでは風情も何も無くて落ち着かない。男の僕でも入ろうとは思わなかった。
 結局,下湯原温泉のひまわり館というところに入った。こちらは大きな露天風呂に客はちらほらといったところで,とても落ち着く良い温泉。

 翌日は津山城へ。こちらは満開を過ぎたようで葉桜であった。津山と言えば「ホルモン焼うどん」らしい。こういうB級グルメは大概イマイチなんだけど,これはなかなか美味しかった。津山に来たらまた食べたいと思う。

津山城

津山城2

 春を通り越した初夏の陽気のなか,川沿いをサイクリング。

川

 発見した椋の老木。

椋の木
  1. 2009/04/13(月) 00:09:42|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。