毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

郡上おどり~豊田の花火①

土日で岐阜の郡上八幡から愛知の豊田へと祭りをはしごをしてきた。
日本の夏ってすばらしい!と,改めて,本当に「美しい日本」を感じ取ってきた。

 郡上八幡。長良川と吉田川,小駄良川と3本の大きな川と,大小いくつもの水路に囲まれた,本当に水に恵まれた美しい町。まちの至る所に湧き水がある。

吉田川地元の子供たちが飛び込むことで有名な新橋。川まで12メートルの高さ。。。

小駄良川


 もちろん名水百選第1番指定の宗祇水も。

宗祇水


 昔ながらの町並みも残されているのに,ことさら観光のために整備されているという訳でもなく,そこには普通の生活が息づいている。僕たちのような旅行者を自然に受け入れてくれる感じがして,とても居心地が良い。

桜間見屋


軒


 ちょっと歩けば郡上八幡城が堂々とたたずんでいる。町を見守っているという感じだ。

郡上八幡城


 今は地元の物産店として活用されている旧町舎。とても味がある。

八幡旧庁舎


 食べ物も美味しい。着いて早速, わらびもちとみたらし団子。そしてお昼は「平甚」の極上そば。なんとも香ばしい味だった。そして晩御飯はうなぎ!

 午後からは,銚子鉄道に引き続いてローカル線の旅。長良川鉄道に乗って,みなみ子宝温泉へ。
 
郡上八幡駅


 みなみ子宝温泉駅は,改札口が無い代わりに温泉の受付がある。駅に隣接する建物は駅舎と思いきや,それは温泉。駅から温泉を通らずに外に出ようとするのは難しい?温泉自体は,とても広々とした露天風呂があってとても開放感がある。待合もゆったりしているので,1時間半後の次の下り列車が来るまでゆっくりとくつろいだ。

長良川鉄道左が線路で右に温泉

 そして,いよいよ郡上おどり。浴衣を借りて下駄を買って,やる気満々だったけど,踊り会場の城下町プラザにたどり着くと,すごい人とその熱気に気おされる。それでも負けじと踊りの輪に加わるも,予習なしでは全くついていけない。うまそうな人を見つけて必死に真似しながら踊るも,どうしてもワンテンポ遅れてしまう。う~ん難しい。。。
 櫓を何重にも囲んで,かれこれ数百人はいるだろうか。老若男女とはまさにこのこと。各世代の人たちがそろっている。大きく体全体を使って踊る人もいれば,控えめに手を振るだけの人も。それぞれが思い思いに歌にあわせて踊っている。
 2時間,必死で覚えながら踊っていたら,何とか人の真似をしないでも踊れるようになってきた。それでもまだまだ体が自然に動くというものではなく,ぎこちない。もっともっと練習して来たら,もっともっと楽しめることだろう。
 しかし何より,すごく懐かしくて,美しい風景を見たような気がした。世代を超えて,受け継がれてきた伝統の重さはあるけれど,それをただ単純に楽しんでいるたくさんの人たち。汗だくの浴衣すがたのおっちゃんおばちゃんが格好よかった。
 あー日本って本当に良い国だな~,しみじみとそう思う。

祭りの日


スポンサーサイト
  1. 2007/07/30(月) 23:28:48|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/87-ba1d4c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。