毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パッチギ

 「パッチギ Love&Peace」を見た。私が映画をみて泣くのは大体映画の最中に映画館の中だけれど,この作品を見た後,映画館を出てからもしばらく涙が出そうなのを我慢する時間が続いて,あまりしゃべる気になれなかった。自分としてはとても不思議な感じがした。

 その原因は,・・・とてもリアルさを感じたことにあるだろうと思う。

 ここで登場する,「在日」の人々を見ていると,自分の今の仕事と無関係では考えられない。今の職場では現場から離れた立場にいる。しかし,現場には多くの悩みを抱えた人たちがいること,そしてその人たちと交わりながら毎日がんばっている職員さんたちがいることを忘れないようにしないといけない。

 今もなお残る,「在日」にまつわる差別観念。歴史に起因する課題,特に戦争を交えて考えると,わだかまりは一層深くなる。何にも解決しないけど,でも少し幸せな気分にさせてくれる,不思議な作品だった。
 暴力では何も解決しないことを百も承知のうえで,冒頭と最後に乱闘シーン。重い課題を扱いながら,でも深刻に考えすぎないように,少しスカッとして,いいバランスだった気がする。

 その後,昼食に出かけたレストランで。
 隣の席に二人組の女性が座っていた。ちらちら聞こえる声に耳を傾けてみると
「最近,男前見ないよな~」と
 なんだと!!俺の隣に座っていながら失礼な発言だと思いながら,発言者をチラッと見てびっくり。う~ん,世の男性全てに対して失礼な発言だ。
 二人の男性論は更に続いた。あんな男がいい,こんな男がいい・・・と。いやいや,君たちにはそんなにたくさんの選択肢は無い!
 いずれ落ち込むがいい。
 
 その時は,「パッチギ」を見たらいいよ。運命に左右されて多くの葛藤を抱えて,それでも明るく一生懸命に生きる人たちの姿を!
 贅沢言うもんじゃないよ。
 と思いました。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/27(日) 00:59:34|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/74-4e1234f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。