毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もがく~シリーズ②~(中国ツアー)

 22日 三倉

 この日は「モアイクラック」「ヒップクラック」と青白ハング近くの「スーパーチムニー」を登った。
 「ヒップクラック」:前回は散々苦労させられて嫌な思い出があったけれど,今回はうまく体がはまったようでスーッと登れた。

ヒップクラックヒップクラックのO原さん

 「スーパーチムニー」:2月に大堂に行ったとき,やなっちとHさんが「もう2度と登りたくないルート」として挙げていたルートだ。その時の記憶が残っていて,是非取り付いてみようと思っていた。クラックマスターの二人がそう言うからには,登り応えがあるに違いない。
 キャメロット#4.5をきめた後,体ひとつ分くらい登ると,旧キャメロットの5番より少し広いサイズのOWがあらわれる。見た目の気休めにと5番をセットした。カムはほとんど開いているうえに,クラックは内側にフレアーしている。なのでカムはクラックの淵にしかきまらない・・・。登るのに邪魔になる・・・。散々躊躇していると,壁の外側にスタンスを見つけたので体の向きを入れ替えることに。覚悟を決めて,カムを蹴飛ばさないように慎重に這い上がる。途中クラックの中にある潅木を躊躇無く鷲掴みしながら,なんとか上にカムを決めた。先行きを考えて下の5番を回収しようとクライムダウンを試み,少しずり下がった時にうっかり足先にカムが触れてしまった。とたんに,あっけなくその下のカムまで落ちていった。邪魔になったうえに全く役立たない奴だ・・・とはいえ,見た目は大事・・・。
 それで終わりかと思いきや,終了点直下にまた難題が・・・。クラックが閉じているではないか。最後にハンドジャムが効くポイントからリップまでの1メートルがぎりぎり届かない。どうしても間の甘いポケットをつながなければならない。最後のジャムを左手にするか右手にするか。左手の方が効くけど,右手を入れた方が足を拾いやすい。散々迷って右手を効かせて足を拾うことにした。甘いポケットを使ってリップをつかんだ時は息も絶え絶えになった。「おっっそろし~」最後は腹ばいになってずり上がった。
 もう2度と・・・取り付きたくない~。でも充実のクライミングだった。

 スーパーチムニーいちおしのスーパーチムニー

 23日

 青白ハング付近で。
 O原さんは「ムカデトラバース」「成人式」にトライ。私は昨日に引き続きOW合宿を称して「ムカデトラバース」「トップレス」「ラッパハング」を登った。

 「ムカデトラバース」:下向きに開いているうえに,左上しているのでどうしてもバランスが悪くなる。左のスタンスも滑りそうで信用できない。短いながら内容は濃かった。ウォームアップでアップアップ。

 「トップレス」:その名の通り「トップレス」で登るべきルートだ。痒いところに手が届く。私は外見だけで判断して持って行くカムを読み違えてしまった。意外と小さい・・・?OWの奮闘度で言うと昨日の「スーパー~」と比べてだいぶ易しい。しかし,またしても最後が・・・

 「ラッパハング」:何が難しいと言われると,最初のハンドジャム!大きなサイズも含めてワンセットのカムを身につけた体は非常に重いうえに,何かと動きに制限がでてしまって辛い。OWはすっきり体が収まってくれて登りやすかった。 
 
 ラッパハング中央枯れ木の下がラッパハング,その右がトップレス

 成人式隠れた好ルート?成人式をトライするO原さん

 そんなこんなで,もがきまくった中国ツアーは終了した。
 中の岳フランケの「への字クラック」や「ダブルクラック」も登りたかった。サイズが変れば「やがて少女も」や「パンプきん」もあるし,少しレベルが上がれば更に面白そうなルートが揃っている。一本のクラックでも形状が変化に富んでいるのが良い。如何せん遠いのだが・・・

 ギア見てるだけで満足
スポンサーサイト
  1. 2007/03/24(土) 21:17:25|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/55-1febe68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。