毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近江八幡

 近江八幡に出かけた。
当初の目的は「壱製パン処」だけだったけれど,少し町をぶらぶらしていると,とても落ち着きのある町並みだ。「酒遊館」へ。ここは酒蔵を改装して作ったレストラン兼カフェ。建物そのものに味があって居心地が良さそうだったけど,あいにく満員ということで断念。その後八幡宮から水郷を少し歩いてから,水郷沿いの「蔵」というこれもまた水辺の落ち着きある建物のカフェで一休み。
 そこで読んだものは「Rock&Snow」

 トミーの 「EL Capitan」の記事。もちろんとんでもない記録を成し遂げたことだけでも感銘を受けるのだけど,その書きっぷりが彼のことをもっと好きにさせてくれた。
 まず,チームフリーにこだわるあたり。一人で成し遂げるよりも,同じ空間を親愛なる仲間と共有することで豊かになる経験を大切にするところ。パートナーを大切にする心の余裕。単なる岩登りじゃなく,パートナーとの岩登りを大切にしている。
 それから,ベスとのトライの中で,トミーが先にチェンジング・コーナーに成功した後の妻への気配り。自分の成功よりも人に与えるプレッシャーを思いやる優しさ。
 そして,人気ルートの「The Nose」で自分以外のクライマーに気を配るあたり。自分がいかにすごいことをしていても,そのことを鼻にかける風も無い。自分よりもずっと低いレベルであっても,それぞれのレベルで自分の限界にチャレンジしている人々から力を得ている謙虚さ。
 もうひとつ。バリエーションにうたれたボルトについて。世界最高レベルで行われている葛藤であり,私がきちんと理解できているかどうかは怪しいけれど,少なくとも彼の無念さは理解できる。そこはすでにフリークライミングを成し遂げられたルートであって,しかもそれまでもアメリカンエイドで築き上げられてきた歴史を持つルートだからだ。しかしだからといって無作法な手段に移るわけではなく,公の場で自らの意見をきちんと表現している点。
 彼は個人的な思い入れよりも,ルートの経てきた歴史的な背景を元に,自分の考えを表現しているにすぎない。ともすれば岩場を個人の所有物と勘違いしがちな人々に,彼のささやかな自己表現を見習って欲しい。
 
 個人的な思いや考えを十分に表現しながら,決して叙情的になりすぎず淡々としている分,むしろその極限的な状況と努力が伝わってきた。

 というわけで,ロクスノに触発されてそのままKO-WALLへ。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/11(日) 23:02:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/51-0c5ec3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。