毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

UTMFクリーンアップ

 UTMFコースの清掃活動に参加してきました。

 前泊はキャンプ。
 朝霧ジャンボリーにて。狭いシャワールーム以外は,広々として快適。焚火を見ながら星野道夫の「旅する木」を読みました。曇り気味の天気ではありましたが,場の空気と本の内容がマッチして,ついつい夜更かしていました。
 こんな生活をしていると,日常のゴタゴタが本当にどうでも良くなって来る気がします。

 本の中のある人物が言っていたけど,「クライミングは…自分にとって趣味ではなくて信仰のようなものだ。」
とあるけど,僕もクライミングはするから,その気持ちはよく分かるけど,今の自分の心境は「クライミング」をもう少し大きく見て,「山」にいることそのものが,趣味ではなくて信仰のような気がします。

 単に気分転換とかではなくて,困ったときやしんどい時に,心の中で救いを求めていたり,自分であることの拠り所にしているという気がします。山での生活がなければ,きっとストレスにやられてしまって,健全な精神を維持できないのではないか,とさえ思うのです。今が健全か…と言われたら自信ないけど…

1

 そして翌日

 朝霧高原の道の駅に車を置いて,麓の家から毛無山~雨ヶ岳~端足峠から,東海自然歩道を使って再び道の駅まで。
 
 レースのときはガスって富士山が見えなかったところだったけれど,今日は快晴。5分に1回はどーんと構える富士山を飽きるまで眺められて大満足でした。

R0011425.jpg

2

 改めて素晴らしいコースだったと思うとともに,この天子山地こそがこのUTMFを特徴付けていると実感。天子山地あってのUTMFでありSTYなのだと思いました。

 ゴミはちらほら。もちろんレースのゴミも散見されましたが,圧倒的に多かったのはそれ以外,昔から落ちていたようなゴミ。ふる~いジュースの空き缶とか。

 こうして,レースを通じて,開催前よりさらに美しく山を綺麗にすることは,自己満足的な部分もあるけれど心洗われる気がします。

 UTMFが終わって1週間。気持ち的に何かがフッと抜けたようで,一方でストレスがたまる仕事が多くって,あらゆることにやる気が湧かない日が続いたけど,やっぱり山に来るとシャキッと気持ちが切り替わりました。

 来て良かった。改めてそう思います。
 
 富士山,今度は富士登山競走で!!そしてお鉢廻りで,最小単位のもう1周をします!

3

4
スポンサーサイト
  1. 2012/06/01(金) 10:27:31|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。