毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感動!完走!UTMF

 レースの存在を知ってから1年半。トレーニングも,他のレースも全部,このレースを完走することを目標にやってきた。

 そして,この週末に,その目標を達成できた。

 本当に苦しかった。100マイルレースは何かが起こるって聞いてたけど,本当にそうだった。

 そもそも体調が悪くて,前日から風邪薬を飲んでいた。
 そして,いざ走りだすと,全然体が温まらず,走りも調子に乗ってこない。
 寒気に襲われて,周りの人が半そで短パンで走ってるのに,僕はウールの下着に長袖シャツ,フリースにゴアのアクティブシェル。それでも顔は火照るのに体は温まらなかった。

 A3の山中湖,たったまだ37キロ地点なのに完走は絶望だと思った。

レース中2回,泣きそうになった。

 1回目はスタート直後。鏑木さんとハイタッチしてスタートした瞬間。いろいろな苦労を重ねてレースの開催にこぎつけた鏑木さんの嬉しそうな顔と,そのスタート地点に立てた自分自身の幸せに感動した時。

 それから,2回目はまさに山中湖。絶望的な気持ちでエイドに入った時に,サポートしてくれる仲間の顔を見た時。エイドには冷たい飲み物しか用意されていなかったので,なんとか体の中から温めたかったからガスでお湯を沸かしてもらった。

 このエイドから出ていく時は,気持ちは切り替わっていた。モンブランのDVDで見たセリフではないけど,こんなに熱心にサポートしてくれる仲間がいるのに,簡単に気持ちが折れるわけにはいかないと。

 それからは,順位やタイムにこだわらずとにかくゴールを目指して,体と相談しながら走った。

 不思議とゴールの瞬間は冷静で,大きな感動もなかった。むしろ一抹の寂しさがあって,夢から覚めたような気分だった。

 レースの思い出はたくさんあり過ぎて,ゆっくり思い出していきたいので,とりあえず。

3
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/05/22(火) 23:04:36|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。