毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初滑り

 モチベーションの高い先輩男子と,
ほとんど話しをしたことはないけど,時々廊下ですれ違う後輩女子と,
いきがかりでスキーに行くことになりました。

ちなみに,先輩男子と後輩女子は,今日がほぼ初見。
奇妙な3人組みだなぁ~と,つくづく思いました。 

誰かの事故の影響でスキー場に着いたのは11時過ぎ。
なんでそんな無謀運転するの???
車中は懐メロが高音量で、さながらカラオケ状態。やたらハイテンション。思えば、こんなに緊張感の無い高速の運転はいつ以来だろうか。山に行くときは、多かれ少なかれ、圧搾空気があるもんだけど。

僕は2人の歌声をのんびり聞き、渋滞の退屈をしのぎながら運転していたのでした。

先輩男子は着くなり前のめりでリフト乗り場へ急ぐ。
僕は,前の2人からはぐれないように,必死で前を追う。

そのおかげ?で,すごく多かったボーダーも目に入らず、気になることはありませんでした。

ゴンドラの中にはミニクーパーの広告。うたい文句が、「この山も広いけどこの車も広い」(大体こんな感じ)狭いゴンドラにボードとスキーと一緒に押し込められている人に見せる文句ではない。もっとも、プロが作るキャッチコピーにしてはそもそものセンスが無いけど。

朝は好きな空でした。晴れ。綿を引き延ばした雲。広い空。
夕方の空は完全に曇り。風。ちらつく雪。夕日がぼんやりと引き延ばされて、しかし凛とした空気。
人も減り、静かで,ようやく雪山にいるという実感がありました。

空ってこんなに広かったんだ。ここしばらく,山に来ても空を見ていない気がしました。

帰りはまたもちろん渋滞。また良し。
そしてついでに名古屋に寄ってきしめんを食べました。

全く不思議な1日。

色々あったけど,記憶に残ることがどれくらいあったのでしょうか。
いつか懐かしく思い出しそうな気もするし,全部忘れている気もする。
そんな1日でした。

1



 
スポンサーサイト
  1. 2012/02/11(土) 22:38:11|
  2. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。