毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「激走モンブラン2011」と「人は走るために生まれた」

 NHKで放送された2本の番組。

 ひとつは先日放送された「激走モンブラン2011」友人が録画してくれて送ってくれたものが昨日届いた。AとBの2部構成になっている。
 
 A-sideでは,世界のトップトレイルランナーが美しいヨーロッパアルプスを走り抜ける。鏑木選手の魂の走りもすごい。ゴールのシャモニを走り抜ける安堵の笑顔がとても印象的だった。それから,やっぱりキリアン。本当に美しい走りで芸術だなぁと思った。
 
 B-sideは,トップランナーではないけど,それぞれの思いを抱えて制限時間内にゴールを目指す市民ランナーの物語。
 
 速い遅いの違いはあるけれど,目標に向かってどんなに苦しくても諦めない魂の伝わる物語で感動。すごいモチベーションが上がって,改めて,このレースを目標にがんばろうと思った。
 な~んと,この土日だけで5回もリピートしてしまった。
 
もうひとつは,「人は走るために生まれた」これはDVDが出ているので購入したものが,同じく金曜日に届いていた。
 メキシコの砂漠地帯。荒野に住む「走る民族ララムリ」の生活を追ったもの。元ネタの「Born to Run」も一気に読み通してしまった。日常生活ではまったく走ることを目的としたトレーニングをしないと言うものの,水を汲むことから畑を耕すことまで,生活の営みそのものが走り続けることへのトレーニングになっている。
 とうもろこしと豆が主食の質素な生活で,走るときも草履。それでも80キロもの山岳レースを息も切らさず走り切る。

 片や世界中の注目を浴びる,美しい風景のなかを,栄養を考えられたジェルを食べ(吸い)ながら,最新の靴とザックを背負って走るトップランナー。
 片や,辺境?の大地。草木もまばらな岩と砂漠の大地を,とうもろこしのスープ?を飲みながら草履で走る抜ける民族。

 同じトレイルを舞台にしたレースとは言うものの,あんまりにも毛色の違う2作品だけど,共通していることは,ランナーの走る姿が美しいこと。どんな坂道も風のようにスイスイ進んでいくのが印象的だ。
 どちらもすごい楽しい作品だった。

 文化や環境,時間や場所も関係なく,ランニングというものは人間の本能的な行動なんだろうなと思う。


 

 
スポンサーサイト
  1. 2011/10/30(日) 22:27:04|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。