毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイスクライミング

 1月27日~28日

 またしても八ヶ岳にアイスに出かけた。土日で手軽に確実にアイスに触れるところとなると,もうここしかない。
 全く変な気象だ。
 今回のパートナーは,オールラウンドクライマーなヤナッチ。
 土曜は,南沢小滝にて,トップロープを張って,管状の細い氷柱や垂れ下がるツララの処理を練習。日曜日は発達の悪い大滝で2本のラインを見つけてそれぞれリード&フォローで登った。
 ヤナッチはさすがの安定した登りを見せてくれた。マッハの振りは相変わらず力強い。
 一方僕の方は,フットワークが安定せず,下手くそぶりを発揮してしまった。足の置き場の乏しいツララ状の氷では,決められる場所は確実に足を決めないと厳しくなる。
 
 今回驚いたのは,大滝に来ていた3人組。といっても3人あわせて180歳という。
 ひやかしなんかじゃない,確かな技術をもっていることにまず驚かされる。特にリーダーは抜群に上手で,全く危なげない登りで軽々とリード。続けて別のラインをトップロープでトライするなど,若い僕たちも全く歯が立たないテクニック,スピードとパワー。
 きっちりとした足置きがパワーセーブにつながって,それが素早いクライミングにつながっているんだろうと思う。上手なクライマーの登りを見ていると勉強になる。
 それから,60を過ぎても衰えないモチベーション。寒い寒いといって雪山に躊躇している自分が恥ずかしくなる。自分が同じ年になったときにこんな風に楽しみながらチャレンジできるだろうか。
 技術もさることながら,この精神の若さは本当に素晴らしいと感じた。
 穏やかなそれぞれの顔を見ていると,こっちも,なぜかとっても幸せな気分になった。

 美濃戸からの下りにて,凍ったヘアピンで制御不能になった車がほぼ反転するおまけまでついて,もみの湯でヨーグルトを飲んで無事帰宅。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/30(火) 22:49:18|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/38-b27a6874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。