毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋のクライミングツアー

連休を利用して湯川から小川山のクライミングツアーに出掛けた。このコース今年3回目。よく来たもんだ。
パートナーはO原さんと職場の同僚のNさん。

初日は湯川。台風の影響か林道が少し荒れていた。
「サイコキネシス」を登ってから,右壁の「フォーサイト」を登った。レイバックとフィンガージャムのルート。足が壁に拾えて、楽しいルートだった。100岩場では星ひとつだけど,見栄えも良いしもう少し星をあげても良いのでは…

O原さんは「北風小僧」をOSしていた。これも細いクラックだけどコーナーをステミングして登る面白いルートだった。

この日は早めに切り上げて廻り目平へ。
さすが連休とあって廻り目平のキャンプ場はぎっしり。車を林道脇のわずかなスペースに停めて、次にテントを張る平らなスペースを探すがこれまた苦労した。タープも用意してたけどとても張るようなスペースは確保できないので諦めた。

すごい人気だけど,クライマーが大半だから騒がしくなくて良い。廻り目平の良さは,林の中のこの静かさだと思う。出発前はちょっと困った仕事で悩んでいたけど、此処に来て焚き火を見てるとどうでも良くなった。ホントに良いところだ。

小川山1

2日目、3日目は小川山にてクラック&ボルダー。

くじら岩は相変わらずすごい人で、誰かがディズニーと言っていた。確かにオシャレで若いクライマーも多く賑やか。くじら岩のまわりだけで50~60人はいたんじゃないだろうか…。

そこから一歩はずれて山を登れば一気に年齢層が上がる。
すごいギャップだ。

O原さんは,目標としていたクレイジーだったけど,体調が整わず今回は見送った。

僕は、今回のテーマだったイムジン河を登れた。前回,最後の1ムーブでスリップ落ちしたので,ホッとした。エイリアン青と今回新導入のメトリウスマスターカム#1さまさま!
遠征の数少ないチャンスで,特に今回は、ひっきりなしに誰かが取り付いていて、限られたタイミングで登れたのは良かった。
他の人は,下部核心をクラックの左側を登っている人が多かった。僕は右を登るのだけど、果たしてどっちが登りやすいのか。。。

怖いを連発していた初クラックのNさんは,小川山レイバック経由で親指岩の頂上まで登った。登る最中は半べそかいていたけど,やっぱり上まで登れたことが嬉しかったらしく,とても充実した顔をしていた。

親指岩親指岩の頂上にて
スポンサーサイト
  1. 2011/10/10(月) 22:31:16|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。