毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳳来~笠置山クライミングツアー

 鳳来から笠置山へとクライミングツアーした。
鳳来は彼此何年かぶり。笠置山は初めて。

 パートナーは職場の同僚。ほぼ初心者で外岩は4回目。
慣れないビレイにはかなり緊張していたようで,登った僕よりもビレイヤーが疲れているように見えた。。。
 僕がルートを登り終えてロワーダウンの最中に,パートナーは木の根っこに足をとられて後ろにひっくり返ってしまい,お尻を強打して半べそをかいていた。痛そうだったけど,ビレーはきっちりこなしてくれた。

当の本人はかなりの頑張り屋さんで,そんなハプニングにも負けず,果敢にリードをトライをしていた。

 僕自身は,「冷たい奴」とか「どすこい」とか,11aくらいのルートでお茶を濁して終わった。赤バラにも手を付けてみようかと思っていたけど,登っている人曰く「ぬめる」ということだったので,自分のコンディションやパートナーの負担を考えてあきらめた。

鳳来

 ゆうゆうアリーナで温泉につかった後,盆栽センターでうな丼。

うな丼

 そしたら,I田さんに会った。奥にドンと構えて,良い感じに顔を赤らめてすっかり出来上がっているではないか…。最近どうしてんの~というお決まりの会話だったけど,懐かしい人に出会うと嬉しい。そう言えば,岩場でも2人知り合いがいた。

 そのまま,恵那に向かって山道を約2時間。

盆栽センターのおじさんは,「山道はライトで走れるから夜のほうが走りやすいよ。」とナイスアドバイスをくれた。実際,対向車も少なくて,来てもライトで分かりやすくてその通りだった。

 笠置山は,キャンプ場の駐車場泊。

笠置山1


 朝から,大岩ゴケエリアへ。
あいにくの曇天で,午前中は時折雨がパラついていた。

初めてのエリアなので,とりあえず誰かがいるところに行くことにして,ルートを教えてもらいながら,ちゃっかりムーブもチェックしておいた。

 「エル」「ウォールフラウ」「タケビ」の3つの3級を登った。同じ級だけど,感じた印象としては難しさに差があるという気がした。ムーブの得意不得意はあるだろうけど,グレードはホントに目安って感じだ。でも,どれも三ツ星。

 ボルダーは若い人がたくさん。女性もたくさんいて,賑わっていて楽しい。みんな親切にしてくれて,僕みたいな新顔が迷っていると,すぐに色々と教えてくれた。

タケビ

 道路にも,山中にも案内看板がたくさんあってとても親切。地元の理解と優しさと,開拓者の苦労に感謝するばかり。
 歴史あるエリアならついつい忘れがちになるけど,こうして新しいエリアにやって来ると,エリアを利用させていただいているクライマーとして,地元への還元や,エリア,周辺地でのマナーなど,改めて自覚が求められることを感じる。

 帰りがけに,笠置橋のたもとのサークルKでアイスクリームを食べた。ボーっと木曽川をながめていると,風がとても涼しくて気持ちよかった。   
 
 ところで,パートナーは,鳳来でのビレイ中にひっくり返った後,その日も,次の日も登っていたのだけど,帰ってから医者に見てもらったところ,尾てい骨を骨折していたということ。
 日常生活にも支障はないし,1ヶ月程度で完治するというのが救いだ。
 山に慣れない人と一緒にいるということは,それだけリスクも多い。いつも以上に目を配っているつもりでも,何があるか分からないもので,事故が起こると,やっぱり責任は生じてしまう。かと言って,慣れてない人とは一緒に登らないなんて言えないところが難しいところだ。
 今回の事故は,とっても些細なことかもしれないけど,山でのリスクと責任を考えさせられてしまった。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/12(月) 23:41:19|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。