毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本で一番長い坂道にて




富士登山競争に出た!
山頂コースには初出場である。

とにかく、登りっぱなしで、疲れはたまっていくばかりなのに、高度はあがるから酸素は減っていくという二重苦。とにかくひたすら登り。下りがないから休めない。

長い長い馬返しまで。快調だった5合目。絶好調の6合目を過ぎてようやくレースは牙を剥いてきたようだ。7から8合目の岩場セクションで一気に疲れが襲ってきた。若干意識もうろうとしていたのか、視野も狭かった気がする。これではいけない、せっかく山に来たのに楽しまねばと、一瞬ながらあえて景色を眺めて、なんとなくパワーをもらった。
そして8合目のチェックポイントを過ぎると、今度は心折れそうな自分に負けないことばかり考えた。
このレースは誰との競争でもない、まさに自分との戦いなんだとつくづく思う。誰彼無く、また、早い遅いなく、参加者はみんな、とことん追い込まれるのだ。

ゴール!言うまでもなく日本の頂上にて、意外にあっけなくレースは終わる。
あんなに苦しかったのに、不思議と、もっと登り続けていたい気分になってしまって、後から続々登ってくるクレイジーな人たちがうらやましかった。

来年は3時間半を切るぞと早速目標を定めて、意気揚々と下山。

とにかく痛快なレースでした。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/22(金) 21:00:19|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。