毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

硫黄島にまつわるものがたり

 「硫黄島からの手紙」を見た。去年の暮れに「父親たちの星条旗」を見たから,硫黄島での戦争を,日米双方の視点からとらえた作品を両方見ることができた。
 両作品をとおして表現されていることは,戦争においては英雄などは決して存在しないということ,そして誰も幸せにならないということ。とてもシンプルにそれを感じた。
 決してオーバーな表現ではなく,戦争における人間模様が表現されていたと思う。戦争という極限状況を題材としながら,しかし,とても冷静な視点で描かれていた。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 00:13:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/34-9f7af1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。