毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

氷ノ山50マイル

 大阪で同僚の結婚式に出席してから,一路鉢伏高原へ。現地に着いたら既に12時を回っていた。それなのに,主催者のOSJも,宿AOITORIも快く受け入れてくれて本当に感謝。みなさんもうお休みの時間なのに・・・

 とは言え,睡眠3時間で迎える初の50マイルは,当たり前だけれど体調万全とは言えない不安なスタートとなってしまった。

 朝,6時スタート。今まで最高で50キロのレースしか出場したことが無かったので,今回は完走することが一番の目標。

 
 登山道と林道の交じる第1関門まで。はるか雲のかかる彼方に氷ノ山が見える。あーあそこまで行くんだな~と思うけれど,まだ全体の1/4も進んでいないのだ。
 仙谷登山道の急な傾斜を下ると,ぶなの巨木がたくさんあって,見ているとすごくパワーがもらえる気がした。まだまだ続く道のりを考えて,それぞれ幹に手を触れて,力をもらった・・・気になることにした。
 ゴールを考えるとうんざりする。なので,次の関門にたどり着くことを目標にすえた。

1

 第1関門から先は林道。とにかく長い。。。小さなアップダウンが続く。足を使わないように,とにかく力を抑えることに専念した。長い長い林道なのに,前後みなさん同じようなスピードなのか,全然人がいない。わずか数人を抜いて数人に抜かれて,寂しい区間だった。
 とにかく林道の長さに,扇ノ山の登山道が始まると気分的には解放されてホッとした。扇ノ山の登山道は落ち葉が散り敷かれていてフワフワ。とても気持ちよい道が続く。傾斜もさほどではないので,ここだけ走りに来ても本当に楽しいだろうと思う。

2

 第2から第3関門にかけてのコースが,もっともOSJらしい?野性的かつ理不尽コース設定になっていた。山が大好きな自分としては,この区間の前半の足場の悪い登山道はもっとも楽しかった。ここまで足を残してきたせいもあってか,割と調子よく歩けて,グイグイ進めた。
 対して,後半の林道と舗装路はどんどん力が吸い取られていくのを感じた。50キロを越えていよいよスタミナも切れてきたよう。この距離になってくると,通勤ラン程度の距離のトレーニングで培えるスタミナではとても太刀打ちできないことを痛感させられる。この辺りが今後の課題。細かなアップダウンを繰り返す林道を,一定のペースで走り続けられるスタミナをつけないといけないと思う。

 林道からははるか彼方に鉢伏山が見える。あそこまで戻るのか~と思うと,うんざりを越えて,正気の沙汰に思えてこない。

3

疲れもあいまって第3関門までの林道は更に長く感じた。そんな長い林道を越えると,久々に人の息を感じる集落に出る。ずっと自分の力だけを頼りに寂しい林道を走ってきただけに,まったく自身とは関係の無い小さな集落でもホッとする。

 第3関門で日が暮れた。ヘッドランプと今回初使用のハンドライトを併用。ハンドライトは出来たばかりのヨドバシ京都の安売りでゲットしたジェントスDC100F。とても明るくて安心で,この後も寂しい林道を一人とぼとぼ進んだけれどまったく不安は感じなかった。

 第3関門からもそれまでとほぼ同じペースで進めた。そしてしんどいしんどいこのレースも終盤を迎えて,スタッフにも後どれくらいですか,と聞けるようになった。

 ゴールは真っ暗にも関わらず,多くのスタッフに迎えられた。スタッフだけではない,先にゴールした選手たちにも励まされる。最後の舗装路も走り続けて,ゴールラインをこえた。ゴールしてみると,意外とあっけない幕切れに感じた。もう走らなくていいん・・・?きょとんとした気分になった。

 自分の後からも選手がゴールしてくる。苦痛に顔がゆがんでいる人,足を上げるのがママならず殆ど競歩のように走ってくる人,でもみんなとても格好良い。みんなヒーローだと思った。わざわざしなくても良い苦労をしてまで,誰かにとっての利益になるでもなく,ただ無益無害なヒーローたち。自分のゴールよりも,真っ暗ななかを人が走ってくる姿の方が感動した。もちろん,同じ苦労をしたからこそのものだろう。

 一日,ずっと走ってたわけではないけど,ずっと走ることを考えていた。そして,ずっと熊よけの鈴の音を聞いてきた。それが,ゴールの瞬間に終わった。今までレースを終えたらいつももう走りたくないって思った。でも,今回はゴールしてすぐに次は100キロに出たいと思った。まだまだ,100マイルのハーフを走ったに過ぎない。

   
スポンサーサイト
  1. 2010/11/15(月) 17:37:02|
  2. トレラン
  3. | コメント:1

コメント

No title

お~おかえり!
アメリカはどうやった?
また走ろうぜ!
  1. 2010/11/23(火) 21:59:26 |
  2. URL |
  3. jo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。