毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

登るときどき下る

 土曜日はアイス,日曜日はゲレンデスキー。遊びまくった週末だった。

 土曜日はS吉と,シーズン2度目の乗鞍,またまた三本滝へ。1月の末に比べて,発達した氷もあれば,明らかに水の流れが増えている氷もある。

2010022001左が左滝。右が正面滝。それぞれの間に登り応えのある氷がある。

2010022102左が左滝。右が正面と左の間の氷壁で2本の柱がかかる。

 しかし,水量の豊富な山域であることを改めて思う。三本滝の3本それぞれの本流は水量が豊富で完全には氷結せず,それぞれの滝の間の染み出しが氷柱や氷壁になっている。温暖化になる前は,一面の氷に囲まれていたのかもしれない。
 
 今回,左滝の左側の傾斜の緩い滝,正面右の氷柱,正面と左の間にある氷壁2本の計4本登った。正面右の氷柱は,前回やられてしまったので緊張したけど,慎重に登れば思いのほかあっさり登れた。今回は,先週に引き続いて改良モンスター。先週の良い感触が確信に変わった。

2010022103正面右の氷柱。この左にもう1本ある!


 正面と左の間の氷壁2本は,脆い氷質や,つららが崩れてしまうかもしれない恐怖もあって,思っていた以上に消耗する。しかし氷質を選んでのトラバースや,木の枝が邪魔になってバイルが振れないポイントなど,テクニカルで面白かった。

2010022104左は登った氷壁。右は正面の滝

 パートナーのS吉は数年ぶりのアイスということで,いきなりの氷柱には少々苦戦気味だったが,時間がたてばすぐに慣れてきてリードにもトライしていた。

 とまぁ変化に富んだたくさんの氷を登れて大満足な一日だった。そして夜はまたしても野麦の亀遊館に。そこで,翌日に一緒にスキーをする職場の同僚たちと合流して宴会。彼らも薮原で一日スキーしてきたので,楽しい話が盛りだくさん。
 毎週スキーに通い詰める人もいれば,我々クライマーに加え,更には熱心なトライアスリートなど多士済々。総勢10名と賑やかだった。

 翌日は,野麦峠スキー場へ。ちょうどレースも開催され,メンバーのうち2名がエントリーしているので,スキーの合い間を縫って応援もと大忙し。

2010022105

 アイスにスキー。トライアスロンの話も出てきて,本当にお腹いっぱい満腹の週末だった。

スポンサーサイト
  1. 2010/02/22(月) 00:01:24|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。