毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾勝谷左俣アイスクライミング

 連休の2日間を利用して正宗さん,KJさんと尾勝谷左俣をつめてきた。

氷結は,悪くも無く,良くも無くといった感じ。この暖冬が続くご時世だから,登れただけでも良い方なのかもしれない。

 大きな滝は,F2,3,10とトポにはるけど,実際に立派に発達していたのはF2ぐらいで,あとは雪にうまっている部分もあるのか,10~20メートルほどで傾斜も70~80度程度しかなかった。F2は傾斜の緩いところを縫って登ったのもあるけど,50メートルロープいっぱいになった。傾斜はところどころ80度を越える箇所もあった。幸いF2をリードさせてもらったので僕自身は大満足な内容だったけど,残りをそれぞれリードしたお二人は少し拍子抜けしたかもしれない。

 今回は3人パーティ。いつも2人で行くことが多いから,3人はワイワイしていて楽しかった。特にリードをビレイしているときは,もう一人が近くにいるというので寂しさがない。会話も途切れることなく,のんびりした空気が流れていながら,どこか真剣な心地良い緊張感が流れていた。

 F10(たぶん)を越えてからもなめ滝は続く。最後は右を登れば10メートルほどのツララ状のバーチカル。左を登ればロープレスで登れる緩傾斜のアイスというもので,下部にあれば格好のゲレンデアイスになるだろうというものだった。

 最後のアイスを越えてからしばらくして,右側の尾根に出て,主稜線を目指す。

 今回非常に助かったのは,ずっとトレースがついていたことだ。たぶん連休の初日から入ったパーティで,2泊3日の予定で入っているのだろう。上部は雪の量が非常に多く,ワカンがないとかなり厳しいものだったろう。我々はトレースに非常に助けられたおかげで,1泊2日で抜けることが出来た。
 感謝感謝

22011001F4上のテント場

2010011002F10上部の薄氷を登る正宗さん

2010011003南アルプススーパー林道から鋸と甲斐駒

 南アルプススーパー林道を歩きながら眺め渡すと,左に氷,右に岩と,飽きることの無い景色が続く。いい歳の男3人,イチイチ立ち止まってワイワイ言いながら歩くのはとても楽しかった。

 ここ数年ゲレンデアイスしかやっていなかったので,久しぶりに登山と言えそうなアイスクライミングができて,体力的にも非常に充実した内容の山行となった。



スポンサーサイト
  1. 2010/01/12(火) 08:20:48|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。