毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイスの肩慣らし

アイスクライミングシーズンはじめの肩慣らしに八ヶ岳の南沢と摩利支天に行ってきた。
両方とも発達はこれからという感じだった。

南沢大滝は階段状で登り易かった。

摩利支天は今回初めてちゃんと入口を探した。行者小屋へのトレースが南沢沿いをはずれ、左岸の斜面をグイッと登ったところにある浅い沢だった。行者小屋へのトレースは、その少し先でまた南沢に合流している。左岸に入ってから2本浅い沢があるけど、その上流側が正解で、沢に入って30メートルくらいのところにある木に、色あせてほとんど白い赤テープがぶら下がっている。目印かどうかわからないけど、入口の木には青テープが貼ってた。はがされるかもしれないから怪しい目印だけど。
大滝はまだまだ細くて、写真で見たような立派なものではなかったけれど,つららの集合体で少しかぶり気味。シーズン一発目にしてはやや厳しいものであった。
幸い貸切状態だったので、リードを一本して、後はトップロープでラインを変えて練習した。腕はパンパンになってしまったけど,いい肩慣らしになった。
クライミングを再開して約1ヶ月。12月の始めは,今年はアイスに行くのだろうかなんて考えていたのだ。まだまだすぐにパンプしてしまって、力も続かない。でも少しずつモチベーションが上がってきた。

2009122701

2009122702

スポンサーサイト
  1. 2009/12/30(水) 09:58:34|
  2. クライミング

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。