毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんぜ

 金勝山はいつもヒルクライムのトレーニングコースとして通ってきた。今回は,ヒルクライムのゴールの馬頭観音堂がスタートになる。
 
 馬頭観音から竜王山へ。軽いアップダウンは続くが,所々の階段の登り以外はほぼ乗っていける。ここはハイカーも多いのでゆっくり走り,行き交うときは下りて道脇に避ける必要がある。

2009121201

 茶沸観音から白石峰へと快適な稜線を進む。アップダウンは続くがほとんど乗れる。
白石峰は各コースの分岐になっている。

 2009121202

 狛坂線を10メートルほど入ったところから茶沸観音線に入る。
前回狛坂線を下りて大失敗した。このコースはずっと石組みの段差の大きい階段が続いて,自転車には全く向いていなかった。
 茶沸観音線は最初こそ狭い稜線沿いの道で慎重なハンドリングが求められるけど,大きな段差も少なく慎重に進めば問題ない。所々傾斜のきついところもある。私の拙いテクニックでも,無理したら乗って下りれそうだったけど,一人で来ていて何かあったら大変なので慎重を期して押した。うまい人なら全く問題ないだろう。
 そんな訳で所々にあらわれる沢を越える箇所以外はほとんど乗って下りることができた。
 途中から茶仏線に入る、アップダウンになり,所々にはこぶしから頭くらいの大きさの岩がゴロゴロしていて走りにくい箇所もあるが,おおむね快適な山道が続く。最後は,かつてダブルトラックであったろう幅広のシングルトラックになり,オランダ堰堤を経由して上桐生へ下りた。

 それにしてもこんぜ山は近くて本当に良いアウトドアフィールドだ。家から自転車でも30分もかからない。トレランのフィールドとしても十分に使えそうである。

 滋賀県には他にもまだまだMTBのフィールドがたくさんありそうだ。トレランついでに下見しながら,フィールドを開拓したい。
 そして,久々に乗り始めて改めて思うに,以前からMTBの山岳サイクリングにつきものの問題であるハイカーとの共存。できるだけ登山道を荒らさずに,無理に乗って下りずに,ハイカーの登下降を妨げないように心がけなければならない。

 
スポンサーサイト
  1. 2009/12/12(土) 23:00:56|
  2. MTB

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。