毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トレランな毎日

 シルバーウィークという。もともと敬老の日ということもあって,ついつい敬老ウィークかと思ってしまうが,ゴールデンウィークの対になるというのが正解なのだろう。

 八ヶ岳方面に出かけた。

 初日は八ヶ岳。美濃戸口から赤岳往復した。天気は快晴。南を望めば富士山。北を望めば槍穂高。今年は槍穂をいろんな角度から眺めてきた。

 今更ながら大キレットは“大”キレットだなぁと感じた。これだけ離れたところからでも,はっきりそれと分る。

2009091901

 宿泊は,小淵沢の道の駅へ。ここは何でも揃っている。温泉にコンビニ,それから,食事処。今回歩いて5分ほどの但馬家という焼肉店に行った。ビールを1杯ほどしか飲まなかったのもあるが,2500円ほどでお腹いっぱい,美味しいお肉を食べることが出来た。

 2日目は,清里へ。キープ財団が管理しているというトレイルを走った。トレイルマップはふれあいセンターで入手できるもの。約7キロと短いながら,牧場から渓谷,樹林と変化に富んでいて飽きない。そして走り終えたらソフトに牛乳,プリンとお楽しみが絶えないのである。

 2009091902吐竜の滝

 ふと入ったレストランの隣にサイクリストが座っていたのだが,こちらの顔をマジマジと見られるので,なにか付いているのかと思っていると,なんと大学のクラブの先輩であった。東京に住んでおられるのでもちろん町で出会うことはない。しかし,山に来ると,近く住んでいても町で出会わない知人に会うことが時々ある。
 
 この日は,北八ヶ岳に足を延ばして,車山高原のペンションに泊まった。連休ということもあって子供連れの客も多かったけど,飾らない宿の雰囲気は落ち着いていた。ビーナスラインからはずれた急な斜面に立つこのペンション村は,どこへ行くにも斜面。反対側は遠く山々を見渡せる絶景。サイクリストやトレイルランナーにはこたえられない立地である。

 翌日は朝からゆっくり散歩。オープンデッキでの朝食でほっこり落ち着いた後,いよいよ車山高原へ。車山肩から南の耳,北の耳,ゼブラ山を越えて矢島湿原へ。ぐるっとまわって車山肩までの1周9キロ。雲上のトレランコース。軽いアップダウンは続くものの,それほど息が切れるというものではない。やや曇りがちで肌寒い天気だけど,走ればやっぱり汗ばむ。
 八島湿原に出た。ここは観光客も多く,走らずゆっくりと歩いた。走ってきた充実感と,見晴るかす素晴らしい景色とで,とても開放的な気分となった。

2009092201

 最後はころぽっくるヒュッテで暖かいココア。ここも一度宿泊してみたい魅力的な山小屋だ。決して厳しい山中にある訳ではないけど,人の心を和ませる雰囲気をかもしだしている。

2009092202


 
スポンサーサイト
  1. 2009/09/23(水) 11:38:50|
  2. トレラン

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。