毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮崎 比叡山

連休を利用して宮崎は比叡山までクライミングに出かけてきました。

職場の山岳部の仲間と初めて泊まりのクライミングをさせてもらう。
神戸を夜行のフェリーで出発,さっそく船の中で宴会モード。
同じ船に乗り合わせた,ご近所社会人山岳会のMさんを中心としたメンバーと一緒。
Mさんは以前からお名前は聞いていたが,会うのは初めて。
飲んだらただのおっちゃんだったけど,人の話を良く覚えていて,びっくり。。。ただの酔っ払いではない・・・
唯一,我がチームの紅一点の名前を思い出せない瞬間があったのは
大減点!
朝10時に別府着。レンタカーにて移動。

初日は本匠でスポーツクライミング。
吉兵衛さんの「元気の出るカンテ」OSしていた。。。
自信の無い口調と豪快な登りっぷりのギャップがなんともいえない。
本当に元気が出ていて,ありがたいルートだった。
夜に比叡山まで移動して,またまた宴会の後,日が変る前に就寝。

2日目,私と吉兵衛さんで3峰「比叡の果て」へ。岩子さんと森太郎くんは同じく3峰の「白亜スラブ」へ
「比叡の果て」はスラブとハングを交えた好ルート。特に4Pはクラックも交えて最高に楽しいピッチでした。
吉兵衛さんは昨日に引き続き,口からでる不安な言葉とは裏腹に安定した登りを披露。頼りになります。
「最終ピッチどうぞ~」「え~どうしよ~ほな行くわ~」「。。。しっしまった。。。」

比叡の果て5P


終了点からは懸垂。白亜スラブで奮闘している若きエースを横目に,この11月から京都で働くという若い女性クライマーと出会い,ひとしきり話して盛り上がる。
奮闘する二人には,心では応援しながら一声もかけずに下降。

白亜スラブ4P


白亜を登る二人はフリーにこだわったクライミングで見事完登を果たしていた。彼らの一生懸命な姿は,単に登れば良いというだけでなく,ひとつのルートを味わって登ろうとする(楽しんでたかは不明)気持ちが伝わってくる。

引き続き,吉兵衛さん,岩子さん,森太郎くんと私の4人で
1峰ニードル左岩稜へ。
何度登っても素晴らしいロケーション。
クライマー写真家のI山K治氏ばりの乗り出し方で,岩子さんの登りを上から激写。

DSCF0816.jpg


結婚前の女性という点を考慮してあえて顔が写っていないのを選んだのですが。。。(顔が写っているのもあります。1枚1000円より。。。えっ高いって??じゃー見なくていいです。すご~いのに・・・)
ニードルで夕日をおがんで下降。
で,すき焼きを囲んでおきまりの宴会。。。

最終日は,昨日の4人で1峰のナックルスラブへ。
少しばかし?遠いピン間隔にビビリながら4名とも無事完登。

ナックルスラブ3P


森太郎くんは昨日に引き続きピークに突き上げる最終ピッチを先輩の岩子さんから(たぶんわざと)奪い取っていた。(ランナウトの恐怖はそのとき限りだけど,女性の恨みは・・・)

こうして,素晴らしい秋空のなか3日間のクライミングは終了した。
一路,別府へ。もちろん後部座席では宴会。
知らない土地を運転するのは楽しいからいいのだけど・・・
「早くコンビニ入ってくれ~」「えっ?」「冷えたやつが・・・」「アルコール切れたのですか?」「しびれが~」「・・・」

「運転かわるでって言ってくれたのは,あれ社交辞令か~」
「いや,僕運転好きなので」
「ほな,リードしますか~ってやつは」
「あれは社交辞令です。。。」

別府市内の「みょうばん温泉」泥湯につかりながらホッと一息。
うれしいことに一部,混浴!だった。。。けど。。。

フェリーのなかでの宴会用の買出しにスーパーを探す。
大きな看板の下に書かれた小さな文字に,すばやく反応した吉兵衛さん

「あれ, 酒 て書いてるで」
で無事スーパーを発見。

無理をしない本当に楽しそうなクライミングを実践している吉兵衛さんとY先生M先生。努力と挑戦を忘れない岩子さんと森太郎くん。
岩登りの楽しさ,仲間と登る楽しさ,
クライミングを始めた原点に立ちかえって,とても素直に楽しめたという気がする。
ナックルスラブの最終ピッチを裸足で登った。足の裏にちくちくとした痛みを感じながら,岩の感触を思いっきり味わえた。

最近のテレビCMから。。。
若い矢沢栄吉が今の矢沢栄吉に電話。
「まだロックやってんの?」「おかげさまで,バリバリだよ」
ロックがそのまま岩になって
そんな会話が聞こえてきそうな,世代を超えて変らないクライミングの楽しさを甲斐間見た。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/06(月) 22:28:01|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

九州ツアー、お疲れ様でした。
岩場での私たちのフォローから、父上の介護まで、いろいろお世話をかけました。でもでも、また行きましょ。
CRUXでもよろしくね。
  1. 2006/11/09(木) 23:18:34 |
  2. URL |
  3. 岩子 #-
  4. [ 編集]

こちらこそ

ありがとうございました~
またよろしくお願いします。
  1. 2006/11/10(金) 20:35:22 |
  2. URL |
  3. jo #-
  4. [ 編集]

カメラこjoだ・・・。
  1. 2006/11/11(土) 13:04:13 |
  2. URL |
  3. suzukichi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/17-c13f9c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。