毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大谷不動

 2月の連休に大谷不動に出かけた。このアイスクライミングは,本当に集中力を欠いていたという気がする。日常のいろいろな悩みをそのまま山に持ち込んでいて,集中していたのは,氷に向かうほんの僅かな時間だった。
 思えば,正月から2週に1回のペースで山に出かけているにもかかわらず,アプローチだけで帰ってくるばかりで,ギアを使うということ自体に違和感を感じるような状態。おまけにトレーニングも不十分で,アイスクライミングをするには,心も体も充実した状態からはかけ離れていた。
 なんで山に出かけたんだって自分で突っ込みを入れたくなる。

 今回は,同じ職場の山仲間,そして同じ京都府のお隣の山岳会,そしていつものパートナーのO原さんが一緒。この連休で大谷不動に訪れた半数以上が京都のクライマーだった。

 初日は不動表に出向いた。集中力が欠けていたことの第一として,靴紐も結び直さずリードをはじめてしまったのだ・・・。踵が浮くし,足が決まらないのでおかしいなぁと思ってようやく気が付く有様だった。一気に登りきる予定だったけど,傾斜が強い箇所にこのまま突入することはちょっと危険を感じたのでいったんピッチを切る。此処に来てようやく氷と向き合えた。

 不動表


 左右2本に分かれている上部は,薄そうだけど表面が堅そうな左を選んだ。たいしたことなかろうと甘い認識で突入すると,案の定,トラバースに手こずる・・・。ラインとしては面白いけれど,久しぶりにアイスをする身には厳しく,怖かった。さっそく大谷不動の洗礼を受けてしまった。。。

 そして,2日目の不動裏。ここの氷は例年と比べて発達しているという気がした。
 左でウォームアップした後,右をうかがう。今シーズンに入ってすでに8回!(うち2回はノーカウントと本人主張)のアイスジャンキー鬼平さんの様子から察するに,これは手強そうだ。。。トレーニング不足の自分の体を考えると,できるだけ力を使わずに登り切れるよう,傾斜の強い部分は出来るだけ避けるラインを選ぶことにした。
 正面やや右の,氷質は悪いけど傾斜が少し緩いラインを3メートルほど登り,ちょっと厄介なトラバースをして,最後に垂直部分に出て行くというラインを選んだ。
 下部はジワジワ登って問題のトラバース箇所へ。カンテ状に張り出した氷の向こうに,持ち替えたバイルを刺して一気に足を置き換える。予定していた足場に足を決めると思っていた以上の氷質の良さにしっかり安定して立つことが出来た。
 あーやったぁ~と思って,今回初使用BDのNEWスクリューを取り出してみる。
と・・・,こつんと氷に押し当ててみると,あららと思っているうちに氷に食い込んで行くではないか・・・。なんとハイクオリティな・・・。ちょっと信じられない食いつきだった。これまで学生時代に買ったノブなしのスクリューしか持っておらず,新しいスクリューを試すのは何年ぶりだろうか。。。刃こぼれもあるだろうし,性能もあるだろうけど,道具の進歩とは・・・こんなにも違うものか・・・。
 プロテクションがスムーズに決まれば,圧倒的に楽になる。これで一気に完登の自信がついた。この後は傾斜がきつくなるけれど,気持ちにも余裕が出てきて,ちょっと疲れたけれど,十分にシェイクしながらなんとか登れた。
 変化に富んでとても楽しいラインだった。

 不動裏


 引き続いて,今度は右の氷の裏側に近い左面から登ってみる。氷質はこのラインが一番安定していた。背中に壁や氷がくるからアックスを十分に振りかぶることが出来ないけれど,そこを逆手にとって,背中を使いながらチムニー登りした。ちょっと異質なアイスクライミングとなったが,ラインはとても楽しかった。

 この右の2ラインはベリーグッド!

 そして最終日は本流へ。見た目易しそうだったけど,いざ登りはじめると思った以上に傾斜を感じる。今日は下山日という油断から,またまた集中力を欠いたクライミングで,途中自分の抜いたバイルを顔にぶつけた辺りから,こりゃいかんときちんと氷に向き合い始めた。

 本流


 2ピッチ目は,透明な氷を一枚隔てた向こうに滔々と水が流れる薄さ。しかしそこはO原さん。卒なくこなして登攀終了。

 いつもの通り,下山日が一番の快晴だった。

 気持ち的にイマイチ入りきれずに過ごしてしまった山行だったけど,それでも体の疲れは充実を感じさせてくれた。

 大勢でワイワイ出かけるのはやはり楽しい。今回の山行は,いろいろな不安を抱えながらだったけれど,大勢でいることが安心感を与えてくれて,楽しい時間を過ごすことが出来た。
 みなさんありがとうございました。
 
スポンサーサイト
  1. 2008/02/14(木) 18:04:25|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

こちらは一旦落ち着きました。
ぜひまたクライミングに行きましょう!
  1. 2008/02/16(土) 17:29:33 |
  2. URL |
  3. きち #dZBL2wks
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/127-3a8269c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。