毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾勝谷「偵察」

 年末山行の消化不良をなんとか晴らそうと迎えた今年初の連休は,季節外れの暖かな雨で迎えた。

 「尾勝谷塩沢」言わずと知れたアイスクライミングのメッカである。といっても今回はあくまで「偵察」山行である。次週にここを訪れるというクライマー仲間のため,献身的な努力の元,アプローチと氷の状態を確認するということが最大の目的であった。バイルが2本ザックにくくり付けられてあったからといって,あわよくば登ろうと考えていた・・・なんて邪推されては心外である。事実,我々がそのバイルを持って腕を振り上げたのは,3回にすぎない。

 雨の降り注ぐ中,しばらく車で待機したものの,待ちきれず出発。土曜の午後2時前のことだ。すると,どうだろう,先ほどまで激しく降り続いていた雨が急に弱まったではないか。今回初めてパートナーを組む正宗さんと,私の普段の行いの良さからだろう。
 といってもこの弱く降り続く雨は,霙から雪となって夜も降り続ける。

 尾勝谷塩沢は3回目だが,アプローチは過去最悪の状態であった。まず尾勝谷に入る鉄骨に鉄板を敷いただけの赤い橋がすでに半分崩れかけている。基礎から崩れているので,次のシーズンには渡れなくなるのではないだろうか。いきなり靴を脱いで徒渉というのも時間の問題か・・・。当然のごとく,その先の林道はズタズタに寸断されている。至る所に電柱は倒れ,自然に帰りつつある。あまりに陰鬱とした雰囲気であったが,人工構造物の残滓が残る河原をトボトボと歩くには,この鉛色の空がうってつけで,あまりにも雰囲気がマッチしていて返って良いタイミングに歩いているという気がした。

 左手の高みを見れば,南アルプススーパー林道の,コンクリートが継ぎはぎだらけの法面が見える。見るたびに継ぎはぎが増えているようで,本当に痛々しい限りだ。北沢峠へと向かう,あの晴れ晴れしい道を通る者は,同時にこの荒れた尾勝谷の姿をあわせ見るべきだと思う。落下したであろうコンクリート構造物の残骸が無残な姿をさらしている,この河原を見るにつけ,自然の大きな流れの中では,人間の造作など,瑣末なものにすぎないことを改めて思い起こす。

 「自然破壊」という言葉を耳にするけれど,それはそれで,思い上がりなのかもしれない。自然はごく普通に振舞っているに過ぎず,人間に「破壊」されている訳ではない。そんな柔なものではないのである。人間の方が状況に応じきれず,逆に地球上から排除され始めているだけなのだ。自然による,いわば「人間破壊」という状況を,我々は未だに自己中心的に「自然破壊」という言葉に置き換えているに過ぎない。
 我々の文明上の所作は,ただの自虐行為に過ぎない。自然ははるかな高みにいて,首をかしげて眺めているのではないだろうか。

 てなことを考えながら,数度の渡渉を繰り返しながら塩沢の出合へ。季節外れの雨で水かさが増し,その水量に圧倒される。周囲の黒々とした景色に加え,雨,それからこの水量と,我々が此処に何をしに来たのか,すっかり混乱してくる。いやいや,待てよ,氷を登るんじゃないぞ・・・。あくまで偵察なのだ。何も問題は無い!

 塩沢に入ってからも困難な徒渉を繰り返すことになる。雨のなか,沢に入っているのだから当然といえば当然なことだが,そもそも雨が降っているということ自体,とても不自然なことだ。不安定な足元に歩行は遅々として進まず,午後6時前,二股にたどり着く前,流れが伏流し始める直前に,適当な場所を見つけてテントを張った。

 翌日,明るくなってから再び遡行。約40分で二股。水が流れる音は聞こえていた。そのまま左股を登る。約30分後,F1と思しき小滝にたどり着くが,轟々と音を立てて水が流れており全く登攀不可能。ちなみにここまで,まだ一度もまともな積雪が無い。昨日の晩に降ったと思われるかすかな雪をゴム底で踏んでいるにすぎない。

 F1を悪い斜面の高巻きでクリアすると,まもなくF2が見えてきた。しかし,明らかに水が流れているのが見て取れる。

 近づけば近づくほど,はっきり水の流れを見て取れる。もちろん大きな滝つぼができている。繋がっている箇所は左手の幅約1メートルくらい。規模は大きくて40メートルくらいの高さはあるだろう。全面氷結すればさぞ迫力あることだろう。といっても過去の記録を見てもこの滝は氷結が甘いらしい。
 しかし,今回は幾らなんでも悪すぎる。あわよくば「試登」と考えていた下心も,此処に至って吹き消されたのであった。念のため,バイルを試し振りしてみる。柔らかい…。5センチ振りかぶれば,まるで磁石のようにピックが氷に吸着されるのだ。

 とまぁ,ここまで書きながら,なんだけど,登ろうと思えば登れたのかも知れない。ただ,気乗りがしなかったに過ぎない。すなわち,あと1週間冬型の気圧配置が続いて,十分に冷え込めば,快適ではないにせよ我慢の範囲内で登れるのではないだろうか。

 我々の初期の目的である「偵察」という目的は欺くして達成されたのである。長々と書いていて,だんだんバカらしくなってきたので,これにて終了。そろそろちゃんと登りたいものだ。
 
スポンサーサイト
  1. 2008/01/14(月) 23:28:43|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

読んでいるとめちゃ暗い感じですが荒れているとは言え良い沢登りでしたよ、決して愛す暗いミングでは無かったと思います。
こんな日もありますよ、のんびりやりましょう、エンジョイクライミングで!!!これにこりず次もよろしくお願いします。
  1. 2008/01/15(火) 23:39:52 |
  2. URL |
  3. 正宗 #-
  4. [ 編集]

このところ,全然登れていないストレスが文字に表れていたのでしょうか。しかしそれほど,暗いとは・・・
こちらこそ!よろしくお願いします。
  1. 2008/01/17(木) 20:22:56 |
  2. URL |
  3. jo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/126-f988cf9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。