毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山と温泉と鉄道の旅~九州編~④

 25日

 再び豊肥線で,阿蘇から豊後大野を過ぎ,緒方まで進む。ここは有名?な原尻の滝というのがある。駅から歩いて3キロ弱で滝にたどり着く。九州のナイアガラという呼び名があり,確かに横幅が50メートルくらいある。しかし,イマイチ迫力に欠くのは水量のせいかもしれない。。。落ち口が妙にコンクリートで補強されてそうなのがやたらと目に付く。思い違いかもしれないけど,純粋な自然遺産に,保存の為とはいえ妙な手が加えられているような気がしてそれほど感心しなかった。

原尻の滝


 ココにきた目的はもうひとつ別にある。原尻橋だ。なんにも化粧っ気のない素朴な石橋だけど,大正時代からずっと生きてきた貫禄があって堂々としている。苔むした欄干はまわりの田園風景としっくりなじんでいる。今尚車を走らせる堂々とした生活道路だ。この近辺にはこのような石橋が多く残っているという。今回は雨のためレンタサイクルもできず,この原尻橋しか見学できなかったのは残念だけど,現役の石橋を見学するのはこの九州に来た目的のひとつだったので嬉しかった。

原尻橋


原尻橋②


彼岸花と稲穂


 緒方から大分へ。靴下を持ってくるのを忘れていたので,ここで補充。ここが豊肥線のゴール。九州の中央部を横断した形だ。
 引き続いてゆふ高原線で湯布院へ向かう。
 今日の宿は,「カントリーフラミンゴやまなみ」というペンション風の旅館。「カントリー」と「フラミンゴ」と「やまなみ」がばらばらでどうつながっているのか分からない名前だけど,おばさんはとても親切だった。最初は,だみ声で眠たそうな顔だったので怖そうな印象だったけど,いろいろ親切に面倒を見てくれてまるで息子に接するように話しかけてくれた。
 温泉と夕食を兼ねて湯布院の町をぶらつく。ここで発見!

プリンどら


プリンどら


 これはうまかった!
スポンサーサイト
  1. 2007/10/02(火) 20:19:54|
  2. ローカル線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://camp4.blog76.fc2.com/tb.php/103-2e5fee21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。