毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年の締めくくりはやっぱりトレラン in 矢田丘陵~生駒

大晦日

実家に帰ったけど,やっぱり近所を走りに出てしまった。
わが実家から約4キロの矢田丘陵は以前MTBで走ったときから目をつけていたフィールド。

家を出てそのままランを開始。大和川河川敷から法隆寺,中宮寺の間を抜けて,まずは松尾山を登る。

1

とにかく今日は寒い。時に横殴りの雪に心折れかけるが,行き違うおじいさんハイカーの姿と,NHKのDVD「激走モンブラン」で吹きすさぶ風に立ち向かうランナーの姿を思い出し,こちらも負けられないと果敢に走り続けるのでした。

幸いながら,矢田丘陵は傾斜が緩く,ひたすら走り続けられるので体は温まる一方。稜線上はダブルトラックに近い立派な登山道でとても走りやすい。ただ,分岐ごとにしっかりした表示板があって安心なのはいいけど,分岐が多すぎて初めて走るには地図確認のための小ストップが多くなる。

2

MTBに一度来たことがあるけど,ひとつのフィールドをハイカーも含めた様々なジャンルの登山者が共有しているのだから,ルールは大切である。

3

無事,矢田丘陵を抜け南生駒へは車道に出るけれど,北西季節風に舞い飛んでくる粉雪を顔面に浴びながらの下りとなる。もうここらで生駒線に乗って帰ろうかと少し心が折れかけながらも,いやまだまだと,今度は国道ならぬ酷道308号線を暗峠に向けて走り続けた。

この酷道,道の傾斜も幅も半端ないけれど,あえてこの天気の中チャレンジしたのは,スピードはともかく,走り続けて登れるか試してみたかったのだ。

結果から言えば,まったく問題なく走れて少し拍子抜けだったのだけど,集落を抜けて,段差の大きい棚田を抜けて,最後は石畳の峠を迎えるという,わずかな時間のうちに風景を変えていく如何にも日本らしい自然と生活の美しさが楽しめて,素晴らしい気分で走れた。

5

6

さて,今度は生駒山地の稜線を走る。矢田の稜線よりはアップダウンもきつくなるけれど,今日は早く帰るという約束だったので,鳴川峠で切り上げ千光寺を経由して東山に下山した。信貴山までのトレイルは次回に持ち越し。

千光寺から鳴川の集落は,ちょうど雪が少し解けて黒光りする瓦も一層その雰囲気をかもし出していたのだけども,古き良き日本を彷彿とさせてくれる風景に出会えた。今日のところは鉛色のそらに乾杯,である。そういえば風景だけではなく,集落の人が集まって,大きなしめ縄を編んでいた。

7

道は下り,東山駅に向かうその途上,ちょうど良い頃合に音の花温泉が出てきて,ここをゴールとする。約20~25キロ?3時間半くらい。この温泉,700円もするのにシャンプーも石鹸も置いていない,奈良らしいケチな温泉だなぁと思ったけど,露天風呂を見てまぁ納得。この類の温泉にしてはかなり巨大な露天風呂を備えていて,とにかくゆっくりくつろげるのだ。なんとか及第点を取り戻したと言う感じだった。

一息ついて,生駒線に乗って実家に帰った。

帰ってからもうひと仕事。新築した兄貴の家に出向いて,新築自慢をしっかり聞いて,更にその後登場した親のうんちくも拝聴したうえで,年越しそばを食べた。

こうして1年は終わった。

スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 23:06:52|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

大津~音羽山~醍醐トレラン

名張にクライミングに出かけたら、なんと現地は粉雪舞い散る鉛色の空。河原に薄く積もる雪景色に徒渉を前にして戦意喪失。往復4時間弱のドライブを終えて、午前中に家に帰ってきてしまいました。

昨日は1日掃除で、今日は何としても体を動かしたかったから、むしろこんな寒い日こそトレランがベストマッチングなスポーツであることを思い出したのでした。

そこで、大津から京都と滋賀の県境を音羽山を越えて醍醐まで。電車アプローチ可能かつ我が家から至近、ゴールに風呂有りとあって、前からチェックしていたコースです。

長等公園からトレイルに入ると,落ち葉を踏みしめて緩い階段を登る。この一人で走るときに聞こえる土や落ち葉を踏みしめる音が大好きだ。
トレランで好きな音といえば,ザックがカサカサ鳴る音も好きだ。誰もいないトレイルを,自分の足音とザックのカサカサ音だけを聞いて走るとテンションが上がる。

逢坂山の登りはウォームアップと言う感じ。東海自然歩道は下って,大谷で国道1号線を陸橋で越える。ジテ通の時は登り切って通り過ぎるこの道を,今日は下りきってクロス。

2

1号線を越えてから階段が連続する激アップが始まる。すぐに高度は上がり,そして上げるにつれて景色が良くなり,やがて琵琶湖が見える。この方向から見る琵琶湖は初めてだ。

8

送電線やNTTの電波塔が見えてくると傾斜も落ちてきて快調に走れる。そして程なく音羽山の山頂に。

3

4

音羽山からは下り。ところどころ分岐が出て,石山寺への分岐で東海自然歩道から分かれると,道が少し寂しくなる。下りきると牛尾観音。鉄骨3本の橋を渡って今度は横嶺峠へ向って登りが始まる。

5

人気の音羽山の登山道と違って,ここから醍醐までの道は急に踏み後が寂しくなるけれど,やや登りがずっと続いて走り続けられるというトレラン的にはもっとも面白いコースだった。

6

景色は全く無いし,それまでに比べて道も格段に寂しくなるけど僕的にはこの区間が一番好きだ。
横嶺峠からは林道を一気に下って醍醐寺の三宝院の裏手に出て,そのままねねの湯に直行してゴールした。

7


名張の雪のおかげ?で,約2時間,15キロの行程。家から近くて身近な良いフィールドをまたしても発見できた。
  1. 2010/12/26(日) 17:59:33|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

今年最後のこんぜトレラン

 プロムナード青山~上桐生~南谷林道を経由して茶沸観音線~白石峰~天狗岩~鶏冠山~北谷林道~上桐生
約12~3キロ2時間?

 今年お世話になったマイホームゲレンデのこんぜにごあいさつを。
  1. 2010/12/23(木) 23:08:46|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

アイスクライミング@八ヶ岳

八ヶ岳の南沢大滝,摩利支天大滝に行ってきた。

クライミングについては全くのトレーニング不足ながら,しかし,シーズンが始まってしまったからには,行くしかない?肩慣らしと言う名の本気トレーニング。。。

今回は,いつものO原さんに加え,ありがたいことに正宗さんが一緒だったこともあって,とにかくリード&トップロープはりをお願いしてしまった。申し訳なし・・・

期待に答えるように,正宗さんは氷に吸い付くような非常に軽いタッチで登っていく。それもそのはず,両手にノミック。しかも片方は今年日本解禁のニューモデルなのであります。
欲しい・・・けど・・・高い。。。円高,デフレの時代というのにとても手が出ない。。。

クリスマスの朝に起きたら枕元にノミックが・・・

はぁ。。。無駄な妄想だからアホらしい。

さて,南沢大滝は昨年度に比べて幅広に発達していたけど,氷結はイマイチで左側は雨の中を登るような感じ。ただ,幅の広さからは,これから冷え込みが続けば大きく発達する気配を感じる。

そして摩利支天大滝。本体は昨シーズンの同時期と同じくらいの発達だったと思う。ただ,側壁に広がる岩の染み出しの氷は,去年よりも大きく感じた。特に左すぐ脇の氷柱は,昨シーズンはとても登れそうではなかったけど,今年はトップロープながら登れ,本体に移りこむことも出来たので,これも発達の期待ありというところでしょう。。。

1





  1. 2010/12/19(日) 23:39:03|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

○年ぶりの芹谷

秋も深まる・・・芹谷に,彼此何年ぶり?にクライミング。

同行はすずきち

クライミングは当然問題外。バイタル・・・各駅停車。マシラ・・・ムーブできず。オールライト・・・ムーブできず。当然の結果。まぁ,そこそこ難しいルートではまってるのだから仕方ない。。。と言いつつ,本当は易しいルートに手を出して,それこそ手も足も出ないと完全に自信喪失するのであえて避けた・・・。

懐かしい人に出会えた。和歌山のMさん。柏木で毎週のように一緒に登っていた人だ。細々ながら登っているとのこと。意外な再会だった。
そう言えばエカニロウは何してるんだろうか。。。

7撮影すずきち・被写体(足)私め



  1. 2010/12/06(月) 00:12:05|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

養老山地でマウンテンバイク

山の知り合いに誘われて養老山地の南端,多度峡へMTBに行った。
やなっちとはほぼ3年ぶり。Tさんとも。2人とも瑞浪屏風岩以来?

多度峡の駐車場(無料)に車をおいて,多度峡を抜けて一路多度山へ林道を登る。

季節は進んで,落ち葉は地面にびっしり。紅葉もいよいよ最後。

入口にはMTB乗車マナーなる看板もあるほど,この地はMTBが根付いたフィールドのよう。実際ハイカーに2,3組会ったけど,MTBはソロも含めて5組以上いた。

1トレイルがたくさん

2天然の営業プール

途中まではそれなりに林道っぽい道だけど,途中からはシングルトラック。石もゴロゴロしていてなかなか大変だけど,ほぼ乗車可能。乗れるか乗れないか,ギリギリのところを,前輪が浮くのと後輪が滑るのをなんとか抑えて,なんとか乗りこなせたときはすごく嬉しいし楽しい。

最後は激坂の簡易舗装に出たら程なく多度山の山頂に着く。

山頂からは揖斐川,木曽川,長良川の3川が伊勢湾に流れ込む様が見渡せる。海水温が高いのか,もやがかかって見える。

3

そこから稜線上を,途中から本格的なシングルトラックを交えて走る。道は所々荒れ気味で,登りの多くは押し&担ぎ。

4

5

当初の予定では二ノ瀬まで林道を走ることにしていたけど,よりたくさんシングルトラックを走りたいということで石津御嶽を経由して石津に下り,最後は揖斐川の河川敷を走って多度峡に戻った。

6

途中段差の大きな箇所や傾斜の厳しいスイッチバックが出てきたものの概ね乗車できた。

派生する登山道や林道が多くてフィールドの全体像がつかみにくいけど,この季節にこれだけMTBが走ってるってことはきっと素晴らしいMTBフィールドなんだと思う。当然ながらトレランにも使えそうだ。

やなっちは久々の運動?とあって足にきていた模様。最後の方は走ってる時間とやなっちを待ってる時間が同じくらい(言いすぎ?)だった。山では圧倒的に強い人(言いすぎ?)なんだけど。。。でも相変わらずよくしゃべっていた。

Tさんはとにかくパワフル。強い。寡黙。この2人対照的。

久しぶりのメンバーで一日楽しく遊べて感謝。


  1. 2010/12/04(土) 23:11:00|
  2. MTB
  3. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。