毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

B級

 どれもこれも安上がり。だからと言うわけではないけど,そんな旅行の締めくくりにB級グルメの王様,富士宮焼きそばということで,ツーリングマップルに老舗と載っていた「さの屋」さんへ。

7

 もちろん美味しかった。となりのオッサンは当たり前のように焼肉定食を頼んで,うまそうに食っていた。ジモティーか。。。
 
 滋賀の家まで帰って小腹が減ったので,UFOを食った。気が付けば2色連続で焼きそばであったが,何ら違和感は無かった。そう思うと,UFOはかなりの完成度である。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/25(日) 23:52:46|
  2. あれこれ
  3. | コメント:0

マイナスイオン

 ひとつ痩せ尾根を挟んで巨大な2つの滝。あの巨大な水のエネルギーを見ていると,ひたすら地面が削られ続けたらいつかはひとつになりそうだ・・・

5音止の滝

6白糸の滝


  1. 2010/07/25(日) 23:48:49|
  2. あれこれ
  3. | コメント:0

富士山麓のトレイル

 キャンプしている本栖湖周辺にもたくさん魅力的なトレイルがあるが,今回は連日の遊び疲れもあるので,一番近い竜ヶ岳から端足峠まで行き,帰りは東海自然歩道を割石峠を経由して本栖湖へ戻ってきた。

 昨日MTBで走った河口湖へと向かう東海自然歩道も大きなアップダウンが少なく気持ち良いランニングができること間違いなし。所々で富士山は望めるとあれば言うことなしのトレランコースだと思う。

 残念ながら今回は朝から気温が上がって早々雲が発生してしまい,絶景とまではいかなかったけど,走りやすいトレイルを楽しむことが出来た。
 約10キロ,2時間を要して1周。オプションコースもたくさん作れそうで,本栖湖キャンプ場を中心にまだまだ遊べそうである。

2竜ヶ岳への途中から本栖湖

3頭を僅かに覗かせてくれた富士山

4竜ヶ岳山頂にて

  1. 2010/07/25(日) 23:37:39|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

本栖湖キャンプ場

 本栖湖キャンプ場に2泊した。

 思えばいろいろキャンプセットを揃えてきたもんだ。キャンパーのように家を森に持ち込んだような巨大なセットではなく,どれもこぢんまりした,持ち運びが簡単なコンパクトなもの。しかし,お隣さんと比べても遜色ない自慢の道具である。
 
 キャンプといえば,小川山の廻り目平はいつも最高だった。この本栖湖キャンプ場は,あの山懐に抱かれたような静けさと落ち着きは及ばないけど,フリーサイトで焚き火も自由に出来るとあって,おおらかさでは肉薄している気がする。

1

  
  1. 2010/07/24(土) 23:29:45|
  2. キャンプ
  3. | コメント:0

精進の大杉

 おじいちゃんと孫らしき2人の姉弟が,ブランコで遊んでいた。おじいちゃんは何度も帰ろうと促すけれど,姉弟はブランコに必死。弟はうまくこげなくて納得できないようだ。
 おじいちゃんは弟の背中を押してやって,なんとかうまくこげるように手助けしてやる。これで最後や,と繰り返しながら。しかし,なかなかうまくいかない姿に,ついついまた背中を押してやる。
 ついに,おじいちゃんは業を煮やしたようで先に軽トラに乗ってしまう。とたんに2人は追いかけて車に飛び乗った。帰ったらお昼ご飯なんだろう。
 神社,杉の大木,ボロボロのブランコ。それだけの小さな広場。原風景を見た気がする。

11精進の大杉

 
  1. 2010/07/24(土) 23:15:34|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | コメント:0

富士山麓林間サイクリング

 富士山麓の第2日目。

 トレランに飽きたわけではないけど,飽きないように,久しぶりにKLEINを引っ張り出してきて,林道を走った。本栖湖を一周してから東海自然歩道を精進湖,それから鳴沢の氷穴までのせいぜい30キロ程度。
 久しぶりのMTBなので最初は今ひとつ調子に乗り切れず,ちょっとしたギャップを乗りこなせなかったけど,時間とともに慣れたようで,最後の頃はアップダウンをガシガシこぎ進めた。
 やはり面白い!!!もっとじっくり取り組みたい。。。が・・・

8千円札の裏の景色・・・肝心の富士山に代わって愛車

9

10







  1. 2010/07/24(土) 22:53:20|
  2. MTB
  3. | コメント:0

富士山麓

富士登山競争の五合目コースに出場した。今年の目的は来年の山頂コースの出場資格をとること。
コースは登り一方通行だけど舗装路が長く、ランナーとしての能力も大切。加えて山頂コースならクライマーとしての能力も必要になる。
とりあえず来年の出場資格はゲットできた。確実な完走を目指せるように舗装路の登りをしっかりトレーニングせねば…
  1. 2010/07/23(金) 21:20:13|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

信越トレイル2日目

2日目。斑尾高原から沼ノ原湿原、希望湖~毛無山~涌井、堰口の集落を経て希望湖に戻り、希望湖を一周して再び斑尾高原まで。約20キロ。
斑尾高原から沼ノ原湿原への道は湿原中央トレイル以外は割と野性的な道と化していたが、毛無山前後や希望湖付近は最高に走りやすいトレイル。涌井の集落あたりは舗装路を交えた林道が続く。これもトレイルに変化があって楽しいし、遠く志賀高原を望むのどかな畑の風景は癒されるのだ。
ちなみに毛無山にはしっかり毛がある。
斑尾高原に戻るとソフトクリームが待っていた。

斑尾高原はこぢんまりしたエリア内に宿泊施設からレジャー施設がぎゅっと詰まっている。そしてどの宿からも10分以内にトレイルに入ることができる。距離も高低差も好みに応じて選べる。ここはひょっこり訪れて、半日好きなトレイルを走って、昼からのんびり芝生で読書というのが似合いそう。
そんな優雅な時間の使い方ができるかどうかは別だが…








  1. 2010/07/20(火) 00:28:02|
  2. トレラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信越トレイル第1弾

梅雨明け。魅力的なトレイルがそろっている斑尾高原に来ました。山の家兼ビジターセンターを起点に、斑尾山から信越トレイル 、万坂峠を経由して袴岳~赤池~沼ノ原湿原そして山の家まで約15キロ。
開放感あるスキー場、野尻湖や関田山脈の雄大な眺め、紺碧の空とあふれる緑、久しぶりの晴ればれとした信州。しか~しとにかく暑かった。
季節を変えて信越トレイルは続く!








  1. 2010/07/18(日) 21:37:48|
  2. トレラン

高島トレイル

高島トレイルにデビューした。全長80キロに及ぶ、関西の背骨にあたる分水嶺を総称したトレイル。そのうち今回はマキノ高原を起点に赤坂山から三国山まで 足を延ばし、帰りは再び赤坂山を通過し、しばらくトレイルを歩いて大谷山の手前からマキノ高原に下りた。全部で15キロ弱。赤坂山からの稜線はトレランには最高!黒河越林道を使った周回コースならたくさん走れて楽しそうだ。
下りてきたマキノ高原には温泉施設があるというのも嬉しくて,全く無駄なく楽しめるフィールド。今日は特に,ゆっくりとした散策気分で,いろんな意味で開放感があった。

7

8

10
  1. 2010/07/12(月) 22:06:40|
  2. トレラン

志賀高原50K

OSJのレースに参加。
あいにくの天気でずっと雨。ときどきバケツをひっくり返したような状態で,道はまさに泥んこ祭り!それでも,きっと素敵なコースで,走っていてずっと楽しかった。

12
  1. 2010/07/05(月) 00:38:43|
  2. トレラン

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。