毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

比良山トレイル

イトコンを滋賀に迎えて、比良山をトレランした。近江高島から岳山~岩阿砂利山~寒風峠~釈迦岳~北比良峠~金糞峠~比良岳~蓬莱山~権現山~和邇。約30キロ。
車は和邇側登山口にデポしてウォームアップを兼ねて和邇駅まで。和邇駅からJRで近江高島へ。近江高島駅9時45分スタート。

20100503205035.jpg

20100503205040.jpg

比良山を満喫するコース。特に釈迦岳以南はかなり走れる。蓬莱山からはまさに最高のトレイル!

20100503205044.jpg

20100503205049.jpg

あいにく天気は今ひとつ。蓬莱山では雹が降る始末で、シャツに短パン姿には応えた。軽装のトレランとはいえ、フィールドは山。やはりきちんとした備えは必要だ。
リフトの駅員さんが心配して声を掛けてくれたが,寒いとはいえ十分に余力があったのでそのまま続行した。

100430

100430

運動不足と言いながらも余裕を持った走りを披露したイトコンはさすが。徐々に調子を上げつつあるようだ。
UPは歩き,DOWNは軽く走る感じで17時30分ゴール。約8時間のトレランでした。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/30(金) 20:43:07|
  2. トレラン

三国越林道

南草津~こんぜ山~信楽~多羅尾~三国越林道東半分~御斉峠~信楽~南草津
久しぶりの長距離の割には最後まで思ってたよりしっかり走れた。
こんぜはついこの間桜が散った様子で、街中よりぐっと気温の下がる感じだった。三国越林道は期待通り素晴らしい景色。三重県側の入口も分かったし今度は全線走破したい。
帰りにプロムナード青山のキタガワでケーキを買った。チョコムースは絶品なり。







  1. 2010/04/26(月) 17:44:48|
  2. ロードバイク

伊那谷の桜めぐり

伊那谷の桜をめぐってポタリング。
高遠城址へのパークアンドライド基地を拠点に,火山峠~栗林~中沢峠~分杭峠~高遠城址 約80キロ1000up

桜はどこも散り始めで時期を逸した感があったけれど,しかし風情の名残は残していた。

22048101栖林寺のしだれ桜

22041802栗林の桜①

22041803栗林の桜②

22041804吉瀬の桜

22041805蔵澤寺①

22041805蔵澤寺②

22041806西光のしだれ桜

22041811中沢の桜

22041807分杭峠

22041808分杭峠のゼロ磁場…パワースポット?森林浴?

22041809高遠城址公園

22041810勝間のしだれ桜
















  1. 2010/04/19(月) 18:58:53|
  2. ロードバイク

ローカル食

大洗の粉もの「たらし」。東京で言うもんじゃ焼きみたいなもので小麦粉を薄く水で溶かしてお好みの具を入れる。
とても観光客向けとは言い難いローカル色たっぷりのこぢんまりした店を優しいおばあちゃんが一人で切り盛りしていた。入るなり「たらしでも焼こか」という優しい一言。具を3つ選んで300円というおやつ感覚なのである。

20100414122036


20100414122042


  1. 2010/04/12(月) 12:19:12|
  2. あれこれ

ローカル線

レースの疲れを癒すのにローカル線に揺られてのんびりなひととき。ひたちなか海浜鉄道。

2010041204

20100414120825
  1. 2010/04/12(月) 00:49:31|
  2. ローカル線

奥久慈トレイル50K

 そしてレース。
OSJ主催の奥久慈トレラン50K。正確には58キロ。
 前半がアップダウンの厳しいシングルトラック中心。後半に備えてペースを抑えるも,思った以上の厳しいアップダウンに疲労がたまる。
 幸い後半は林道中心となり距離は稼げるが,疲れはもはや抜けない。あまりの苦しさに泣きそうになりながらも,随所に現れる私設エイドステーションにて,地元のおじいちゃん,おばあちゃんの心温まるもてなしが心沁みる。限りないエネルギーを得て,足は前へ前へと進むのである。
 袋田の滝を横目に,袋田温泉街をゴールへと向かう道には,沿道のお土産物屋さんの店員さんのみなさんが応援してくれる。中には50メートルは離れているだろう川向うから大きな声で「がんばれ~」とくる。涙がでそうなくらい嬉しい。足の痛みも忘れて,不思議と前へ前へと進む。雇われの交通整理ガードマンまでが,がんばがんばと応援をくれる。町をあげての大会歓迎の姿勢が嬉しい。
 そして,目標だった明るい時間に帰って来れた。
 苦しい苦しい,だけど本当に心温まるいい大会だった。

2010041101

2010041102宿泊した常陸太田の町。旧市街の街並みが残るちょっと懐かしい雰囲気のまち
  1. 2010/04/11(日) 23:33:13|
  2. トレラン

つくば

トレランのレースのついでに訪れた茨城県はつくばにて

地図マニアの聖地,国土地理院にて。
 入って早速驚くのは,3D日本地図。青赤のメガネをかけて,幅20メートルはあるだろう日本地図を歩きまわってしまう。「お~ここが木曽谷か。ここが伊那谷か。ということはここに恵那山トンネルがあって…」
 ショップには地図に関する書籍があふれる。そしてなぜか鉄道本も充実。目にとまったのは,昭和時代の鉄道写真集。なんと懐かしい~風景と思って見とれてしまうが,7,000円也。見るだけで我慢。鉄道は許すとして,しかし旭山動物園ガイドブックは地図と関係ないやろ…。

2010041002

お昼は,ウェストハウスという地元で人気の洋食店。

2010041001

話上手なガソリンスタンドのおじさんにも出会った。隣のコンビニで買い物したらリッター5円引きチケットをゲット。そのチケットを持ってガソリン入れたら,箱ティッシュ3箱チケットゲット。受取はコンビニにて。コンビニとガソリンスタンドを行ったり来たり。
てな訳で,つくばは面白いまち。

  1. 2010/04/10(土) 23:30:03|
  2. あれこれ

アイガー北壁

京都シネマで見た。映像のリアルさが山の迫力と厳しさを存分に表していて秀逸だった。如何せん2時間という時間的制約からストーリーが単純化されすぎたきらいがあるが、それを補って余りある迫力がある。
ただひとつ、ストーリーに女性記者は必要ない。厳しい山岳の環境にあって、せっかくのリアルさを失いさせかねない浮いた存在である。加えて愛する人を間接的ながら窮地に追いやった張本人なのに、悲劇のヒロイン足り得ない。ラストは、むしろ葛藤に苦しむ姿と見るべきなのか。いずれにせよ、あえて恋愛やヒューマンドラマ的演出がなくとも、山岳のリアルさが全て補ってくれたと思う。
  1. 2010/04/08(木) 18:57:09|
  2. 映画

一本桜

山梨から長野にかけて、富士川に沿って見頃を迎えた一本桜をめぐってきた。
花勢盛んなソメイヨシノの並木も美しい。しかし一本桜はまた格別の魅力を持つように思う。開けた田園に立つ一本桜は凜として美しく、周囲の風景を取り込んでなお引き立つ。山あいの鄙びた村にその存在を誇示するがごとく立つ老桜は泰然自若として生命力の感動を与える。桜を集落の長老がごとく守る地元の人々の愛情もまた美しい。花の美しさ以上に、それぞれの花を抱いた木の表情に魅力を感じて、遠くまで出掛けても一本桜は眺めたくなる。

2010040401原間のイトサクラ

2010040402本郷の千年桜

2010040403

2010040404身延山久遠寺

2010040405JR身延線塩之沢駅

2010040406

2010040407わに塚の桜

2010040408山高の神代桜
  1. 2010/04/04(日) 23:30:25|
  2. 桜・巨木・古木

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。