毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇美世の滝でやられた

 日帰りで中アの奇美世の滝に行った。

 林道のアプローチは山スキー。途中から登山道に入ってしまい,スキーを置いて歩いたけど,スキーがあるからずっと林道を歩いた方が早かったかもしれない。

 車を下りて3時間。奇美世の滝が現れた。氷結は期待していたほどではなく,本流下部は氷すらなかった。数年前に訪れたときにはしっかり氷結していた左岸の氷柱も細く発達が甘い。
 仕方なく右岸の広大な斜面のうち,氷結の良い場所を選んで登った。

20100123

 とても大きい氷だが,パッと見たところ傾斜も緩く簡単そうに見える。氷質の良いところを選べば自然と傾斜の緩いところを縫うように登ることになる・・・この油断が災いしてしまった。
 いざ氷に近づくと,下から見ていたときよりずっと巨大で,手ごわくて迫力がある。チラッと不安がよぎったけど,心に出来たスキを埋めないまま下部の緩傾斜帯を登り始めてしまった。
 1ピン目をとってしばらくして,足が崩れた。その拍子に軽くしか打ち込んでいなかったバイルも外れたようで気が付いたときには,下の斜面に転がっていた・・・

 ヤレヤレ・・・。

 急に恐怖が沸いてきた。簡単な場所を登っていてもランナウトに耐えれない・・・。傾斜は下部で見ていたよりずっときつくて,部分的にはバーチカルになっている。
 氷質のせいか,アイゼンの研ぎが良くなかったのか,自分の技術の甘さもあいまって,全く足が決まらない・・・。
 もはや足に対する信頼も無く,体が上がっていかなくなってきた。ランナウトが怖い・・・。なのに下で見たときの油断からスクリューの数が少ない・・・。
 一度切れた集中力はもう取り戻せなくなっている。フリーなんて早々諦めた。そして,ひたすら後悔しながら登った。途中からは一回ねじ込んだスクリューを1メートル登って回収して上に打ち変えたりと,まさに根性なしのグダグダ登りを展開してしまった。。。

 下から上まで,ロープいっぱいいっぱい伸ばして,ホウホウの体で1本登って,意気消沈。完全にやられてしまった。アイスクライミング,イチから出直しだ。

 暗くなるまで登って,それでも帰りは林道をスキーでサクサク帰れた。今シーズン,もう一度,この氷を登りたい。



 
スポンサーサイト
  1. 2010/01/24(日) 20:11:20|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

尾勝谷左俣アイスクライミング

 連休の2日間を利用して正宗さん,KJさんと尾勝谷左俣をつめてきた。

氷結は,悪くも無く,良くも無くといった感じ。この暖冬が続くご時世だから,登れただけでも良い方なのかもしれない。

 大きな滝は,F2,3,10とトポにはるけど,実際に立派に発達していたのはF2ぐらいで,あとは雪にうまっている部分もあるのか,10~20メートルほどで傾斜も70~80度程度しかなかった。F2は傾斜の緩いところを縫って登ったのもあるけど,50メートルロープいっぱいになった。傾斜はところどころ80度を越える箇所もあった。幸いF2をリードさせてもらったので僕自身は大満足な内容だったけど,残りをそれぞれリードしたお二人は少し拍子抜けしたかもしれない。

 今回は3人パーティ。いつも2人で行くことが多いから,3人はワイワイしていて楽しかった。特にリードをビレイしているときは,もう一人が近くにいるというので寂しさがない。会話も途切れることなく,のんびりした空気が流れていながら,どこか真剣な心地良い緊張感が流れていた。

 F10(たぶん)を越えてからもなめ滝は続く。最後は右を登れば10メートルほどのツララ状のバーチカル。左を登ればロープレスで登れる緩傾斜のアイスというもので,下部にあれば格好のゲレンデアイスになるだろうというものだった。

 最後のアイスを越えてからしばらくして,右側の尾根に出て,主稜線を目指す。

 今回非常に助かったのは,ずっとトレースがついていたことだ。たぶん連休の初日から入ったパーティで,2泊3日の予定で入っているのだろう。上部は雪の量が非常に多く,ワカンがないとかなり厳しいものだったろう。我々はトレースに非常に助けられたおかげで,1泊2日で抜けることが出来た。
 感謝感謝

22011001F4上のテント場

2010011002F10上部の薄氷を登る正宗さん

2010011003南アルプススーパー林道から鋸と甲斐駒

 南アルプススーパー林道を歩きながら眺め渡すと,左に氷,右に岩と,飽きることの無い景色が続く。いい歳の男3人,イチイチ立ち止まってワイワイ言いながら歩くのはとても楽しかった。

 ここ数年ゲレンデアイスしかやっていなかったので,久しぶりに登山と言えそうなアイスクライミングができて,体力的にも非常に充実した内容の山行となった。



  1. 2010/01/12(火) 08:20:48|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

しらくら

 まさむねさんと某氏とクライミング。

 外岩のフェースのフリーは約1年ぶりだったので,なかなかに新鮮な緊張感があった。

 モアパワーや目覚めの一発をはじめ,10a~11bのルートを6本ほど登ったが,なななんと,本日テンションなしに終わった!!!
 久しぶりだったのでテンションのかけ方忘れた?なんて格好良いことが言えたらいいけど,久しぶりと言うことで肩に力が入らなかったのが良かったのかも知れない。

2009010301

 今日は何人か知り合いにあったけど,みんな自分の目標としていたルートを完登していて,とてもハッピーな雰囲気
であった。

 しかし核心は帰りの車にあった。。。初詣のお伊勢さん,帰省ラッシュ,加えて交通集中による渋滞の名所・・・いろんな条件がそろって,大大渋滞・・・。片道140キロのうち,約10キロくらいに3時間近くを要して,結局草津まで4時間を要したのであった・・・。
  1. 2010/01/03(日) 22:28:06|
  2. クライミング
  3. | コメント:0

こんぜ駅伝

 年末年始のあいさつを終えて,なまった体にもお目覚めしてもらわないといけない。箱根駅伝の柏原選手の魂のこもった山登りに触発されて,午後にイソイソと軽いトレランに出かけることとした。
 実際には思惑とは異なり,なかなかに厳しいコースであった。

 行き先は「こんぜ山」。今回は自転車は無くトレランである。

 家から走り始めて,市街地を抜け,ニュータウンを抜け,旧家の落ち着いた集落を越え,上桐生から南谷林道に入る。帰ってから距離測で測ってみるとここまでで既に7キロ。せいぜい5キロくらいだろうと思っていたものだから,思惑違いはここから始まっていた。
 青山のニュータウンを抜けて上桐生へ向かう農道は癒される。

2010010204

 上桐生から南谷林道へ。やはり踏みしめる土の音は気持ち良い。固いコンクリートの世界から,森や土に囲まれれば,自分に塗り固められたいろんな束縛から解き放たれるように伸び伸びとした心地がする。やっぱり山は良い。
 緩い登りは続き,途中から狛坂線に入る。ここらから,階段が続く急傾斜になり早歩きで進む。呼吸が全く乱れないのが嬉しい。

2010010205

 北峰縦走路に着いた時はまだまだ余裕を残していた。ここまで家から約1時間20分。左ひざに違和感を感じ始めた。

 天狗岩通過。天狗岩からの風景は絶景である。今日は風が強く長い時間じっとしていられないけど,少し温かい小春日和であれば絶好の昼寝ポイントであろう。この風景は,あの瑞浪屏風岩を彷彿とさせてくれる。

 2010010202

 道は続く,天狗岩を過ぎると道は急な下りなり,一気に足にくる。そして今度は鶏冠山に向けて一気に登る。この急な下りと登りは全くの予想外であった。それまでの稜線の軽いアップダウンがボディブローのように効いていて,太ももの裏が悲鳴をあげている。そして左ひざはのっぴきならないくらいに傷めつけられていた。

 2010010203

 鶏冠山からは一気に下り,北谷林道が唐突に現てシングルトラックは終わる。
上桐生に戻った頃にはそろそろ日が傾き始めていた。山中も後で測ってみると約7キロあった。これも予想外。

 行きに来た7キロの道をぼちぼち帰る。なまっていた体にはかなり厳しかった。そして左の膝はもう普通には上がらない・・・大丈夫なんかな。。。
 このコース,新城に似ている。新城のレースは3月。それまでに何度かこのコースでトレーニングしておくのが良さそうだ。

 そんなこんなで約20キロ強の一人駅伝は,3時間半を要して,予想以上に体を傷めつけて終わっていった。

  1. 2010/01/02(土) 23:30:28|
  2. トレラン
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。