毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石垣島

 約7年ぶりにトライアスロンに出場するために石垣島を訪れました。わずか7年されど7年,変わったことや変わらないこと,たくさんありました。もちろん島の環境は多くのことでそう感じたけど,一番感じたのは自分のこと・・・。あの時ほど若くなく,そして自由でもなくなったけど,あの時と変わらず,相変わらず人生を楽しもうと錯誤している自分・・・

やってきたぜ!謎の像

鍾乳洞石垣島鍾乳洞

 マックスバリューで買出しして,向かいのキミ食堂で,八重山そばを食べる。今日はこれしか作れないけどと言ってでてきた味噌そばは,濃すぎず薄すぎず,珍しく汁まで飲み干しました。

八重山そばキミ食堂の味噌そば

 トライアスロンスタート

 前回とは違って,常設の立派な舞台も作られた大きな芝生公園での後夜祭。会場はすっかり整備されて,美しくなっています。しかし,地元ミュージシャンによる演奏が始まれば,みんな踊りだすところは相変わらず。アンコールまで要求して,レースで使い果たしたはずの体力を,再び振りしぼって踊るのでした。

後夜祭後夜祭

 レース前に白保の集落と竹富島を訪ねました。対照的な雰囲気に,変わらぬものと変わったものを感じました。

 竹富島は,7年前よりも一層の開発が進んでいて,今も尚工事が着々と進んでいます。テーマパークのようになってしまったという印象です。至る所に観光用のレンタサイクルが用意され,カフェや宿泊所は出来て,観光客には訪れやすい環境は整っているようでした。その反対に,古き良き島の雰囲気は失われていました。そういう自分も観光客の一人であり,そして,島で生活をしているわけではないので,今後,この島がどうなっていくべきなのか,言うべき立場にはないのかも知れません。

竹富

 一方で石垣島の白保は島の生活感溢れる集落でした。もちろん近代的な建築もあるのですが,決して周囲から浮いた建物ではありません。観光客が訪れるようなところではないので,飾らず,営々とした人の営みを感じることができました。

白保

 そして有名な川平湾。あいにくの天気でしたが,やっぱり美しい海。

川平湾


スポンサーサイト
  1. 2009/04/29(水) 23:10:02|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石垣の空

 ずっと雨が降るでもなく,しかし晴れるでもない日が続きましたが,帰る日になってようやく青空に恵まれました。

フサキ

フサキ2

石垣の空

石垣の空2


  1. 2009/04/29(水) 00:01:17|

陣馬形山

 道の駅「いいじま」から中川村の美里集落を経由して陣馬形山のヒルクライムにでかけました。初夏を思わせる陽気で,汗をかいて道路に寝転ぶという,さながら学生時代の夏合宿を思い出すようなサイクリングとなりました。

210419-1

 中川村は本当に美しい村で,心からココに住めたらいいなぁと思いました。東に南アルプス,西に中央アルプス。棚田と桜。のどかな農村風景。優しい空気の流れる村でした。

210419-2中川西小学校。こんな学校に通いたい!

210419-3

210419-4西丸尾の桜。残念ながら葉桜。遠目に見てもこの迫力!

210419-5稜線を越えて南アルプスを展望する

 陣馬形山は素晴らしい眺望。伊那谷を一望のもとに見渡されて,天竜側の蛇行する眺めが大地を切り裂いている様子が良く分かります。聞きしに勝る,迫力ある眺望でした。

210419-6中央アルプスと天竜川の流れ

210419-7

210419-8道の駅への帰り道







  1. 2009/04/22(水) 00:11:42|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大平街道

 飯田の郊外に車を置いて大平街道を走ってきました。当初は清内路峠を経由してぐるっとコースを考えていたけど,あまりの良い天気にのんびりモードになってしまい,木曽見小屋までの往復となりました。

 大平街道はずっと1.5車線強の道で通行車両もとても少ない。傾斜も緩く走りやすい道でした。

210418-4

210418-5

 伊那谷と木曽谷を結ぶ東山道の名残,大平宿は,昭和45年に一度は廃村になったという。今は地元の有志などによって保存が行われていますが,いかんせん山深い立地においては満足な整備もできないことは容易に想像できます。しかし,江戸末期から明治にかけて建てられた宿場の建造物を見ていると,本当にタイムスリップしたような気分になりました。ちょっとそこらの○○村なんかより,はるかにリアルに再現されているのではないでしょうか。もっとも人っ子ひとりいないのだけど・・・

210418-6

210418-7

210418-8

210418-9

 大平峠を越えて木曽見小屋へ。旅心をくすぐる松がシンボル。はるか木曽谷を眺めれば,はるばる伊那谷から歩いてきた感慨はひとしおのことでしょう。暖かい陽気に誘われて思わずベンチで昼寝をしてしまいました。

210418-10

  1. 2009/04/22(水) 00:00:33|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

義経の駒つなぎ桜

 朝7時すぎに現地に到着したが,すでに多くのカメラマンが列をなしていた。車も数十台止まっており,桜から程近い駐車場はほぼ満車。朝からすごい人気。
 ラッキーなことに,地元の方による,桜を前にした奉納の舞を見ることが出来た。

210418-1

210418-2

210418-3

  1. 2009/04/21(火) 23:47:42|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑のしだれ桜

畑のしだれ桜を見てきた。

 満開を少し過ぎて散りすぎたらしい。地元のおじさんによると,朝はまだまっピンクだったのが,夕暮れが近くなるとすっかり緑の若葉目立ってきたとか。いやいや,まだまだ立派に満開でした。
 
 草津~こんぜの里~畑~信楽~国道422号線~瀬田~草津 約60キロ400UP。

畑のしだれ桜1

畑のしだれ桜2

畑のしだれ桜3

  1. 2009/04/13(月) 20:59:31|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

醍醐桜

 夏を先取りしたような暑さのなか,岡山の一本桜を見に出かけた。

 道の駅醍醐の里に車を置いて醍醐桜へ。国道からはずれてまもなく,細い田舎道に大渋滞が発生していた。約5キロくらい。ガードマンに聞くと3時間以上はかかるようだ。自転車はその横をスイスイ駆け抜けて,30分ほど。自転車が無くても,あの渋滞を考えると,早めに車を置いて歩いたほうがよっぽど気持ち良いだろうに。
 醍醐桜は,期待に反せず本当に立派な大木。桜の季節でなければとても桜の木とは思えないような大きさで,山の王様といった風格である。

醍醐桜1

醍醐桜2

醍醐桜3

醍醐桜4

 続いて,細い山岳道路を走って

やまさと

峠

 岩井畝の大桜へ。大きさは醍醐桜には及ばないものの堂々と落ち着いたさまはなかなかのもの。観光客も少なく,のどかな雰囲気が落ち着きをいっそうかもし出していた。
 
岩井畝の桜

 夜は湯原温泉へ。名物の砂湯は夜でもいっぱいの人。勇気ある女性がタオルをまきまきにして入っていたけど,人が多すぎて,これでは風情も何も無くて落ち着かない。男の僕でも入ろうとは思わなかった。
 結局,下湯原温泉のひまわり館というところに入った。こちらは大きな露天風呂に客はちらほらといったところで,とても落ち着く良い温泉。

 翌日は津山城へ。こちらは満開を過ぎたようで葉桜であった。津山と言えば「ホルモン焼うどん」らしい。こういうB級グルメは大概イマイチなんだけど,これはなかなか美味しかった。津山に来たらまた食べたいと思う。

津山城

津山城2

 春を通り越した初夏の陽気のなか,川沿いをサイクリング。

川

 発見した椋の老木。

椋の木
  1. 2009/04/13(月) 00:09:42|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴨川さくら

 あまりに天気が良かったので,昼休みは鴨川で食べた。

鴨川桜
  1. 2009/04/07(火) 22:54:21|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大宇陀

 大宇陀にサイクリングに出かけた。目的は桜と杉の大木。

まずは又兵衛桜。今7部咲きだそうだ。

又兵衛1

又兵衛2

 これは有名な桜で,たくさんの人が訪れていた。近くに仏隆寺の千年桜もあるけれど,こちらはまだ蕾とのことでまたの機会とする。

 それから10キロほど離れた高井の千本杉へ。高井の集落にある伊豆神社にも直立してかなりの高さのある立派な杉の大木があって,最初はそれかとも思ったけど,地元の人に聞いてみると違うという。詳しく道を聞いて探していくと,集落から約1キロ,激坂を登ってようやく姿を見せた。
 こちらは一転,あまり訪れる人もいないようでひっそりしている。しかし,森の巨人のよう,とツーリングマップルにも書かれているとおり,その立派さは見事なものだった。数本の木が結合してできたとあるが,全部の幹周りとなると相当な太さがある。まだまだ強くてしっかりしているようで,そばまで近づいて手に触れることが出来る。
 なかなかの隠れた名所だった。

高井の千本杉


  1. 2009/04/07(火) 22:49:24|
  2. 桜・巨木・古木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新城

 新城のトレランに出場した。結果は・・・途中までは好調に走れたけど,やっぱりふくらはぎの故障がでてきて,20キロ過ぎからは歩くのも必死という状態になってしまった。なんとかゴールできたのが救いであった。コースは,景色が良くて,山深くて,飽きることが無かった。
 次回はきちんと足を治して,思いっきり走りたい。

新城
  1. 2009/04/01(水) 22:05:47|
  2. トレラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。