毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名張

 先週の復帰戦に引き続き,2週連続の名張。

 今日は直登のひとつ右のルートを登った。スネークマンへのアプローチルートから1メートルくらい左上。この左上が悪くて,フィンガーサイズだ。足も小さなホールドでのスメアとなり緊張する。カムの取れるところが限られて少し怖いけど,ムーブは面白いし,地面からスタートできるし,短いので取り付きやすい。あんまり登っている人は見たことは無いけど,結構面白いと思った。
 
スポンサーサイト
  1. 2009/02/23(月) 00:00:04|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の白川郷

 雪の季節に白川郷を訪れてみたいというのは長年の希望だった。
そんな訳で期待に胸を膨らませて滋賀を出発した。

 しかし・・・金沢から高速バスに乗ったときはなんと雨が降っていた。
 周りの景色を見ても雪の気配は無く,山に向かって走っていても民家の屋根に雪はついていないどころか,山肌も,道路も黒い地肌を見せている。そして雨は強くなるばかり・・・。期待が裏切られていく寂しさを抱えたまま,バスは白川郷に着いた。
 そして,やはりこの地にも雪はなかった。道路脇に少し集められた雪がある程度。おまけに雨が降ったりやんだり。

 雨が小降りになってから町をぐるりとひと回りしてきた。茶色い地肌を見せたかやぶきでやっぱりちょっと残念だったけど,あいにくの天気のうえ金曜日ということで観光客も少なく,のんびりした時間を過ごせた。

 夕方になって冷えてきた。降ったりやんだりの雨は少しづつ雪に変ってきたようだ。それでも,とても期待しているような雪景色は見れないとすっかりあきらめていたのだ。

 宿に戻り,夕食を食べてしばらくホッコリ。

 宿は,合掌造りに泊まってみたいという,これも,もうひとつの大きな希望であった。こちらは天気に裏切られることは無い。今回は「孫右衛門」という宿。バス停からも近く,こんな雨の天気にはもってこいだった。白川の湯からも近いのも便利だった。そして何よりも囲炉裏。とても年季が入っていて,雰囲気がある。

囲炉裏

 大広間の方から声がするので,少し様子を見に行ってみた。

すると・・・

小屋

 夕方に雨から雪に変って以来,数時間,外を見ていなかった。すると・・・,あっという間に外は雪国になっていた。今日は町のライトアップではないけど,宿の気遣いで,隣のかやぶきの倉庫をライトアップしてくれていたのだ。
 
 期待していたかやぶきの雪化粧である。一気にテンションが高くなった。天気予報によると一晩は降り続くようである。これは明日の朝がとても楽しみだ!
 こういう期待は全く旅行者のものであって,ここで暮す人々にとっては迷惑な雪なのかもしれないけど・・・

 そのまま,雪を愛でながら囲炉裏端で熱燗となった。まったく不足の無い夜。

 そして翌朝。期待していたものが目の前にあった。朝,6時には早起きして散歩に出かけた。

孫右衛門孫右衛門

雪

 相変わらず雪は降っている。強くなったり弱くなったり。時折青空が見えるときもある。徐々に天気は回復してるようだ。今夜のライトアップはさぞ美しいことだろう。

和田家

 聞くところによれば,やはり今年は全然雪が少ないようで,ライトアップ開催日でも,雪の無い日のほうが多かったとのことである。最後の最後が当たりということで,今日来る人はラッキーだとのこと。あいにく今日は帰らないといけないけど,この雪化粧をみられただけでも大満足であった。

  1. 2009/02/21(土) 21:41:33|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪山ハイク

 足のリハビリがてらに近くの綿向山まで出かけてきた。

 遠くから見た感じだと山頂付近に軽く雪が積もっている程度かと思っていたけど,いざ登っていると5合目あたりから雪が見え始め7合目から上はさながら雪山の様相であった。
 アイゼンは無くても登れたが冬コースには所々傾斜のきついところがあって,少し凍結しているところもある。軽アイゼンくらい持っていたほうが良いだろうと思う。
 
 山頂は風も強く,だいぶ気温も低くなっていたのだろが,手袋をはずしていると手が痛くなった。

 足のほうは徐々に回復しているようで,乗り下りには全く支障が無かった。これならランニングも再開できそうだ。10時に出発して1時半に帰着。途中ゆっくりご飯を食べたりしているので,歩行時間は約3時間。

5合目小屋五合目の小屋。立派!

山頂山頂
  1. 2009/02/14(土) 08:50:27|
  2. トレラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

淡路島ツアー

 淡路島を走ってきた。
 さんゆ~温泉に車を止めて,国道28号線~洲本~灘黒岩水仙郷をぐるりと約60キロ。ふくらはぎの筋肉を傷めて以来久しぶりの運動となって少々疲れた。
 
 淡路島は,土地柄?なのか,車の運転が乱暴な車が多かった気がする。そして,島らしい悪い道路事情のおかげで,幹線を少し離れれば,大都市神戸から橋ひとつ隔てたご近所さまながら,一昔前の田舎な風景を維持している。にもかかわらず,山中の道路わきのそこココに見受けられる不法投棄には辟易した。せっかくの静かな山中のサイクリングも,なんとなく澱んだ空気を吸っているという気がしてきてしまう。妙なところだけ都会の残滓を残しているのが残念だ。

 しかしながら,黒灘岩の水仙郷は見事であった。静かな瀬戸内海をバックに,白い水仙,そして梅のコラボはなかなか見ごたえがある。一足先に早春のひとときを過ごした。

灘黒岩1

灘黒岩2

UFO神社中途半端なおまけ

鳴門大橋鳴門大橋と渦潮

東洋一東洋一のエスカレーター?(世界一ってどこなんやろ)
  1. 2009/02/09(月) 19:39:26|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。