毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

走り納め

 1年の最後に,GIOSに乗って金勝山を越えて大戸川沿いをぐるっとまわって来た。

 約2時間半の1周コース。ちょうど草津から北に向かって走るとどんより曇った空から,時折小雪が舞っていたけれど,ぐるっとまわって大津に向かって走ると青空が見えていた。

1

2大戸川ダム。。。国交省のわりにナウい看板なのに,風前の灯火
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 21:57:26|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備中

 1泊2日で備中にクライミングトリップ。備中は彼此3年ぶりくらいだ。パートナーはすずきち。
 2日間ともに長屋坂で登った。これまで登り込んでいないので持久力は落ちていたけれど,体はよく動いてくれた。
 今回は「ストライクバック」のフラッシュと「MORISAMA」をRPできた。
 長いルートを登ることは豪快で楽しい。見た目も格好良い。来年はもっとたくさん登り込んで,長くて格好良いルートを目標にしよう。
 
 夜は平川のコミセンでHさんやM姉さん,K村さんと一緒に鍋をつついて,あたたか幸せな時間を過ごすことが出来た。

1

2
  1. 2008/12/30(火) 13:06:08|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工事

 大掃除そっちのけでフィンガーボードを取り付けた。

クライミングボード

 それもこれも「凍」(著 沢木耕太郎)を読んだからである。
 山野井泰,妙子夫婦のあり方を,どこまで忠実に表現されているかは分からないけれど,ある人から見た一面としては,紛れも無い事実である。
 
 刺激的で,挑戦的でいないといけない。それは毎日毎日でなくてもいい。でも1年に1度かでいいから,しびれるような経験が出来ればいいと思う。

 そして,昨日大学時代のクラブの同級生A君と偶然出会った。彼は,決して派手ではないけれど,今もなお,世界をまたにかけた旅を続けている。
 「最近どこに行ったの?」と聞いたら
 「東ティモール」と返ってきた。
 それから,付け加えるように,
 「あっ,自転車持って行ってないよ。普通の旅行だよ。」
 普通の旅行って…

 昨日は御用納めだった。公私とも,この1年でいろいろな変化があった。あまりの多くの変化についていけていない自分もいる。仕事は様々な面で自分を成長させてくれたけど,正直言ってあまりにも平凡で安全で,緊張感が無く,そして退屈だった。
 多くの変化と経験を積んだ1年だったけど,後で思い出せるようなしびれるような経験は無かったという気がする。
 
 もっと自然に触れていたい。自分の住む世界をもう一度見直さないといけない。来年はもう少し,刺激を求める生き方をしてみようかと思う。「生き抜くことは冒険」自分の大好きなこの言葉を錆び付かせてはいけない。

  1. 2008/12/27(土) 20:47:19|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

出勤ラン

 今までも京都駅からランニングをしていたけど,山科から走ってみたらどうだろう,どうせ山科から走るなら車道じゃなくて山道を…ということで,山科駅から疎水沿いを走り,ちょっとした山越えをして七福思案処を経由して南禅寺というコースでトレラン出勤してみた。

 全長6キロくらいだろうか。最初は仕事前の朝に走るにしてはちょっと負荷が高いかと思ったけど,少し馴れてくるととても快適なコースである。
 今は落ち葉が積もった道を走っているが,桜の時期も,紅葉の時期も,とても楽しみである。

七福思案処

南禅寺
  1. 2008/12/25(木) 23:28:44|
  2. トレラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MTB

 ひさ~しぶりにMTBに乗ってきた。職場の友人に誘われたもので,奈良の矢田丘陵である。最近この地は関西のMTBのメッカになりつつあるようで,いろんな人から面白いと聞いていたから,以前から一度行ってみたかった場所である。

 そうはいうものの,大学を卒業して以来となるシングルトラックということで,とても緊張し,そして実際に思うようには走れなかった。
 
 矢田丘陵は,登り下りとも,ほとんどを乗車できるコースである。いわゆる山ではないので,傾斜が比較的少ないからであろう。
 一緒に走ったみなさんは毎週のようにシングルトラックを走っている強者ぞろいで,なれたものであった。もちろん前後輪ディスクブレーキで,かつ,サスつき。今時当たり前か・・・。
 
 下りは,やはり怖かった。こける事を恐れて腰が引けていたという気がする。ちょっとガレているだけで必要以上にブレーキを引いてしまう。以前は気にならなかったリジッドフォークも,震動が厳しく感じて辛いものだった。震動を吸収しきれず,指がブレーキレバーから離れてしまう…。それもこれも7年近いブランクがあるのだから仕方ない。練習が必要だ。 
 
 お昼は大阪と奈良を結ぶ酷道として有名な暗峠のすぐそばにある,ラッキーガーデンというスリランカ料理のお店。生駒山脈の中腹辺りに位置していて展望は抜群。周辺にもあるような普通の民家を改装しただけなのだろうけど,太陽の光をいっぱいに取り入れた建物はとてもポカポカして居心地のいいところであった。
 料理も美味しかったけどデザートもなかなかのもので,これは是非また来ねばならない。

ラッキー

 そんなこんなで自転車に食事に,新しい仲間とともに盛りだくさんな一日であった。
 
  1. 2008/12/23(火) 23:23:00|
  2. MTB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイス

 1泊2日で八ヶ岳にアイスクライミングに行った。昨シーズンの2月に大谷不動に行って以来である。
夜中に出発,諏訪湖PAで仮眠した。

 僕はこの諏訪湖PAが大好きだ。目の前に広がる静かな諏訪湖の風景もさることながら,ここに降り注ぐ朝の光がとてもとても心地良いのである。これから冬山に向かおうとして,少しばかり緊張している自分にとっては,とても心休まる暖かい光なのである。

八ヶ岳PA

 氷は,初日は乙女の滝,二日目に南沢大滝に行った。南沢大滝では京都のIさんたちと会った。彼女は果敢にもリードしていたので驚いた。少し危なっかしい感じがしたけど,まぁなんとか登りきっていたようだ。

 気温も暖かく雪も少なかったけれど,氷の状態は例年通りといったところだろうかな。例年といってもここ数年の発達状態と比べてというレベルだけど…

 登りの方は,久しぶりということもあって最初のリードはちょっと力が入ってしまったけど,2回目以降は無駄な力も抜けて,落ち着いて登れたと思う。
 モンスター重いなぁ~と思うようになってしまった。いまさらな感じはあるけれど,とりあえずお小遣いが貯まるまでは買い替えが難しいので我慢我慢。
 昨年買ったBD製スクリューは相変わらず素晴らしい食い込み。ノブなしの初代アイススクリューとは隔世の感がある。
 アイゼンは,買い替えを決意して2シーズが過ぎた。そして今シーズンも同じアイゼンでのぞむ。とはいうものの,今回はばっちり研いでいたのもあって全然問題なかった。買い替えは先延ばしだ。
 ということで今シーズンも同じアイテムでアイスに臨む。
 ただし,足慣らしがシーズン唯一のアイスになる可能性も高いけど…

乙女の滝ジョウゴ沢乙女の滝

南沢南沢大滝
  1. 2008/12/23(火) 23:13:27|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋深まる…真冬日

 新居の周りをミグノンでポタリングした。

 立命館大学のBKC付近。美味しいパン屋を2つ発見した。坂道の途中,自転車では軽い運動がてらに行ける場所だ。
 なぜBなの?琵琶湖というよりは田上山に程近いけど。滋賀といえば琵琶湖??

 秋深まるというより,もはや木枯らしが吹く季節になっている。家に帰って見ると素晴らしい夕日が迎えてくれた。ひとつひとつ,すこしずつ,時が流れ日が過ぎていくのを感じる。

秋1

秋2

夕日
  1. 2008/12/07(日) 21:09:04|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引っ越した

 引っ越した。
新しい生活が始まる。

 マンションの上層階だからベランダからは遠く琵琶湖から比叡山が望める。
廊下側は,近江富士や比良山が見える。

 これから寒くなるけど,雪化粧した山並みを見るのが楽しみだ。
  1. 2008/12/05(金) 21:37:50|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。