毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初アイス

 22~23日
 
 今シーズン初アイスに出かけた。昨シーズンは氷結がイマイチだったこともあって1月が終わると同時に道具をしまってしまったのだった。
 今年はどうだろうか。。。全く期待せず,八ヶ岳に出かけた。シーズン1発目ということで,登ると言うより体を慣らすことが目的だ。

 パートナーはO原さん。だいたいこの2人で行けば天気が悪いけど,今回も案の定天気は悪かった。

 初日にジョウゴ沢,2日目に大同心大滝を登った。ジョウゴ沢の乙女の滝は,まぁまぁな氷結状態だったけど,この滝の特徴的な覆いかぶさるようなツララの発達は無かった。大同心の方は全然だった。この時期にこの滝を登りに来たのは初めてだけど。。。でも,今のダラケタ体にはこれでも大満足だった。
 最近クライミングのモチが下がっていたし,それから,体を寒さに慣らすのと,道具のチェックが初期の目的だったので,山行の目的としては十分だったろう。

 夕方にテント場に帰ってきても登れるアイスキャンデーは羨ましい・・・。小屋暖かそう。ラーメンうまそう・・・。バイル色々使えて楽しそう・・・。小屋・・・。

アイスキャンデー
スポンサーサイト
  1. 2007/12/23(日) 23:57:49|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

狂言

 友人に誘われて狂言を見に行った。狂言を見るのは初めてだった。市民狂言ということで分かりやすい演目を選んでくれていたのだろうけど,とても平易な言葉で分かりやすく,伝統芸能ということを意識せず,単純に面白かった。若い演者の透き通った声や,ベテランの味のある濁った声,どちらもとても魅力的だった。

「なかなか!」
  1. 2007/12/19(水) 23:40:33|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京事情は複雑怪奇なり

 友人の結婚式に東京まで出かけた。盛大な結婚式で大いに盛り上がり,4次会まで行った。時間にして3時。う~ん,しかし疲れた・・・。

 ところで,池袋駅の
 西口を出れば,
西口


 東口を出れば
東口


 東京事情ハ複雑怪奇也
  1. 2007/12/17(月) 23:39:33|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポタリング

 8~9日 

 新車OPAとともに岡山の津山方面にポタリングに出かけた。ポタリングというのは,自転車散歩のことらしい。サイクリングよりもよりさらに,目的をはっきりと持たずにフラッと走りに行くことのようだ。

 という訳で,OPAに乗ること,車中泊すること,ポタリング,それから,今年自分の中では流行だったローカル線の旅と,多目的な小旅行に出かけた。

 まずは津山へ。観光案内所に車を置いて(正々堂々と無料で置ける!)のんびりとポタリング。ちょっと前に「秘境駅を行こう」というDVDと本をもらったのだけれど,そこで紹介されている駅のJR因美線の知和駅と美作河井駅に向かった。津山から20キロくらい。風が強く肌寒いなか,田舎道をのんびりと走った。

田舎道


知和駅知和駅

美作河合駅美作河井駅

 本日は湯郷温泉に入った後,道の駅「佐用」にて泊。OPA快適!リアシートをを前に倒せばフルフラット実現。身長170以下なら足を延ばして寝れる!座っても頭が天井に当たらない。カーテンを付ければますます快適になりそうだ。まだまだ工夫の余地あり。

 翌日,今年の3月で廃線となるという三木鉄道に乗りに出かけた。1両編成のワンマンカー。バスのようなこじんまりした電車で,とっても風景に馴染んでいる。下車はバス同様の自己申告制となっている。タイミングを損ねて駅で降り損ねた学生がいたが,運転手は嫌な顔ひとつせず,1メートルほど進んだ列車を再度停車させて降ろしてあげていた。のどかだ。平行して走る立派な県道があり,生活の足は,電車に代わってバスとなるのだろう。

三木鉄道三木駅

三木鉄道②もうすぐ見れなくなる雄姿!
  1. 2007/12/10(月) 23:13:48|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

屏風岩登攀記

 久しぶりに山の本を読んだ。

 著者は戦前戦後の混乱期に,その青春を山に賭けた。上高地に入るだけで3,4日もかかるような時代に,ただ山を登ることを目指すだけでなく,そのスタイルやルートにもこだわった登りをしていたという。今と異なるのは,アプローチの不便さや未発達な道具というだけで,クライミングのメンタリティーは今と何も変るものがない。
 数回にわたる失敗を経て,綿密な計算と大胆な勇気を以ってあの大岩壁は登られた。
 最近ではフリーを初めとしたシンプルな登攀がより良いクライミングスタイルだと声高に言われているが,それは,ブッシュをつないで登った昔のクライミングに戻ったに過ぎない。
 もちろん,クライミングテクニックやルートの困難さは比ぶべくもないが,連絡手段や登攀装備で考えると,当時の精神的なプレッシャーは今と比べ物にならないくらい大きかったはずで,改めて昔のクライマーの精神力の強さを思う。
  
屏風岩登攀記

  
  1. 2007/12/06(木) 00:41:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

 車を乗り換えることにした。中古車だけど,今度はオーパ。はっきり言ってあんまり人気は無い?みたいで,比較的安かった。前からみたらおっさんくさい。。。でも後部座席を倒せば完全フラットが実現するという,車で旅派にとっては非常に機能的。

 マーチはお疲れ様でした。とてもたくさんの楽しみを与えてもらった。小さいボディで本当にたくさん走ってくれた。雪道も走った。地道も走った。スリップして半回転したこともあった。大雪の日に金沢からチェーン規制の高速も走った。最初に自転車に乗って買いに行ったのが懐かしい。

オーパとマーチ新旧交代。
  1. 2007/12/02(日) 23:07:10|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。