毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

郡上おどり~豊田の花火②

 郡上八幡に引き続いて日曜日は豊田に。

 昼間は豊田在住のイトコンと大田と城山城址にボルダーに出かけた。豊田市内から車で15分くらいととても便利なロケーション。
 久しぶりの生岩で,しかも不慣れなボルダーという個人的な言い訳に加え,この季節に花崗岩の小さなホールド,虫にたくさん刺されるという,客観的な言い訳もあり,全然登れなかった・・・のも仕方ない。
 大きなボルダーがゴロゴロしていて楽しそうな課題がたくさんある。高さもそれほどでなく,季節を選んで来ればもっと楽しめそうだ。

豊田ボルダーハーフドームロック

小槍Ⅱ槍ヶ岳ロック

城山城址湯の登攀快適槍ヶ岳ロックの小槍Ⅱ

潮路ロック潮路ロック
スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 21:02:01|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郡上おどり~豊田の花火①

土日で岐阜の郡上八幡から愛知の豊田へと祭りをはしごをしてきた。
日本の夏ってすばらしい!と,改めて,本当に「美しい日本」を感じ取ってきた。

 郡上八幡。長良川と吉田川,小駄良川と3本の大きな川と,大小いくつもの水路に囲まれた,本当に水に恵まれた美しい町。まちの至る所に湧き水がある。

吉田川地元の子供たちが飛び込むことで有名な新橋。川まで12メートルの高さ。。。

小駄良川


 もちろん名水百選第1番指定の宗祇水も。

宗祇水


 昔ながらの町並みも残されているのに,ことさら観光のために整備されているという訳でもなく,そこには普通の生活が息づいている。僕たちのような旅行者を自然に受け入れてくれる感じがして,とても居心地が良い。

桜間見屋


軒


 ちょっと歩けば郡上八幡城が堂々とたたずんでいる。町を見守っているという感じだ。

郡上八幡城


 今は地元の物産店として活用されている旧町舎。とても味がある。

八幡旧庁舎


 食べ物も美味しい。着いて早速, わらびもちとみたらし団子。そしてお昼は「平甚」の極上そば。なんとも香ばしい味だった。そして晩御飯はうなぎ!

 午後からは,銚子鉄道に引き続いてローカル線の旅。長良川鉄道に乗って,みなみ子宝温泉へ。
 
郡上八幡駅


 みなみ子宝温泉駅は,改札口が無い代わりに温泉の受付がある。駅に隣接する建物は駅舎と思いきや,それは温泉。駅から温泉を通らずに外に出ようとするのは難しい?温泉自体は,とても広々とした露天風呂があってとても開放感がある。待合もゆったりしているので,1時間半後の次の下り列車が来るまでゆっくりとくつろいだ。

長良川鉄道左が線路で右に温泉

 そして,いよいよ郡上おどり。浴衣を借りて下駄を買って,やる気満々だったけど,踊り会場の城下町プラザにたどり着くと,すごい人とその熱気に気おされる。それでも負けじと踊りの輪に加わるも,予習なしでは全くついていけない。うまそうな人を見つけて必死に真似しながら踊るも,どうしてもワンテンポ遅れてしまう。う~ん難しい。。。
 櫓を何重にも囲んで,かれこれ数百人はいるだろうか。老若男女とはまさにこのこと。各世代の人たちがそろっている。大きく体全体を使って踊る人もいれば,控えめに手を振るだけの人も。それぞれが思い思いに歌にあわせて踊っている。
 2時間,必死で覚えながら踊っていたら,何とか人の真似をしないでも踊れるようになってきた。それでもまだまだ体が自然に動くというものではなく,ぎこちない。もっともっと練習して来たら,もっともっと楽しめることだろう。
 しかし何より,すごく懐かしくて,美しい風景を見たような気がした。世代を超えて,受け継がれてきた伝統の重さはあるけれど,それをただ単純に楽しんでいるたくさんの人たち。汗だくの浴衣すがたのおっちゃんおばちゃんが格好よかった。
 あー日本って本当に良い国だな~,しみじみとそう思う。

祭りの日


  1. 2007/07/30(月) 23:28:48|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田上(太神)山

 田上山を走ってきた。迎不動の林道途中に車を止めてスタート。傾斜も緩く走りやすかったのもあって,ずっと走って登れた。しかし,傾斜のわりにスピードは上がらない。ふくらはぎがあっという間に悲鳴を上げている。これ以上追い込むと走るのが嫌になるから,楽しんでやる分にはこんなものかも知れない。
 山頂には不動寺の立派な本堂と大岩があって,威風堂々とした山だと感じた。
  1. 2007/07/22(日) 22:19:27|
  2. トレラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊吹山トレイルラン

 伊吹山にでかけた。登山口から1.5キロくらい離れた道の駅に車を置いて,ジョギングしてそのままトレイルラン。といっても,登りはほとんど早歩き程度で,やはり1000メートル級の登りを駆け上るには,まだまだスタミナも筋力も足りない。
 車から山頂まで1時間29分だったけど,かなりヘバッてしまった。

 伊吹山頂雲海がきれかったけど,人も多かった。

 帰りは長浜太閤温泉へ。国民宿舎のお風呂に入らせてもらうのだけど,かなり分かりにくいところにあって,たどり着くのに苦労した。ナビがあれば楽勝なのだろうけど・・・,看板が無いのはアンチナビ派には辛いところだ。。。
  1. 2007/07/16(月) 19:09:30|
  2. トレラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイーツたべあるき②

 台風で大荒れかと思いきや,意外と静かな一日だった。雲は厚く垂れ込めているけれど,午後には雨が降る気配もなくなったので,近くて遠かった山,三上山に出かけた。
 トレイルランニングというにはおこがましいけど,急傾斜の登山道を駆け上がった。息があがってしまいそうになるのを必死で整えながら,上へ上へ向かうのは,自転車で峠を目指すのに似ている。
 
 標高432メートル。山全体がご神体として祭られている。山頂に鳥居が設けてあり,平たくて大きな岩が鎮座している。
 ちょうど琵琶湖側が開けていて眺めもいい。台風一過の分厚い雲の切れ間から太陽の光がのぞくという,幻想的な情景をかもし出していた。
 短い時間しか取れないときのトレーニングにはちょうど良い。

 三上山より


 その後,昨日に引き続きケーキを食べに,守山のクラブハリエへ
http://www.taneya.jp/baumkuchen/index.html

 天井の高い趣のある建物の中には,和洋のお菓子が盛りだくさん。ケーキセットは,3種類のケーキを選ぶ。ドリンクのお替りは自由で1000円弱。
 有名なバームクーヘンを選べばその場で切って出してくれる。とろけそうに柔らかくて美味しい!
 
 バームクーヘンバームクーヘン

 クラブハリエ左から,バームクーヘン,カラメルバナナ,クリームブリュレ

 その後,十二坊温泉へ。適度に体を動かして,美味しいものを食べて,温泉・・・。なんと贅沢な。
  1. 2007/07/15(日) 23:51:40|
  2. カフェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイーツたべあるき①

 台風がやってきた。クライミングのモチもあがらないので,食べ歩きでストレス発散。
 
 守山の「カフェ プレーゴ」。有名なモリスポの筋向いだ。ロハスランチ。
 ちなみにロハスとは「Lifestyles Of Healthy And Sustainable」らしい。
http://www.prego-style.net/

プレーゴ食後のデザート

 そして,はしごで栗東のリコッタへ

 焼きチョコ焼きチョコケーキ

こんなものばかり食べてたら体が No Sustainableだ

 仕方なしに久しぶりにKO-WALLへ。全く登れなかった・・・
  1. 2007/07/14(土) 23:51:41|
  2. カフェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚式 in Tokyo

7月7日~9日

 大学の友人の結婚式に参加したついでに,東京見物をしてきた。
 友人の結婚式後の食事会に参加させてもらった。場所はお台場!!観光がてら,開始の3時間ほど前から周辺をウロウロ。そこここで大道芸をやっている。ショッピングモールがたくさんで,とても人が多いけど大道芸は楽しい。どれも本格的!さすが東京。
 猿回しを見た。かくし芸?で自ら猿回しのサルを演じたことがあるけど,僕よりよっぽど賢い。

 さるわましアウトドアショップの前で! 
 
 TOYOTAの巨大ショウルームを見学。TOYOTA車勢揃いで,試乗もできるらしい。車買うならこういうところで比較すると,一度に全部見れて便利だろう。

 食事会は20人強でひとつの大きなテーブルを囲む形で行われた。司会なしで,余興や泣かせる演出もなく,新郎新婦のハンドメイドな感じ。新郎新婦がひな壇に座るのではなく,みんなと同じテーブルを囲むスタイルは,それぞれに気軽に話しやすく,とても良かった。素朴でシンプルだけど,自然体で親しみのある披露宴でした。
 
 そして,その後は宿泊しているホテルの1室で久しぶりに仲間が集まって小宴会。サイクリング部時代の友人に,社会人に入ってからのクライミングの友人も交えて,そして最後には新郎新婦も交じって,笑いの絶えない時間を過ごせた。
 新郎新婦はすでにアメリカで一緒に暮らしている。とてもたくましい二人で,いつもチャレンジを忘れない生き方は本当に頭が下がる。今日集まったメンバーは,みんなそれぞれの家庭をもって,それぞれのフィールドで活躍しているメンバーだ。こうして広い世界を持つ仲間と飲むと,とても刺激を受ける。

  【“結婚式 in Tokyo”の続きを読む】
  1. 2007/07/10(火) 00:00:00|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。