毎日がヤマバ

~Everyday in the Mountain~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヘルメット

 フィットしてお気に入りだったヘルメットだけれど,アジャスター部分のプラスチックが剥がれて,フィット感がなくなってしまった。
 最近のヘルメットは軽くてかぶり心地はいいけれど,その分耐久性は??だ。
 今回,アジャスターには余っていた自転車のヘルメットに使われていたアジャスターを使ってみた。ヘルメット本体とはマジックテープでくっつけてあるので,自転車のヘルメットと共用できる。それにプラスチックと違って柔らかい素材なので壊れにくいだろう。
 フィット感は今までと変らないから,これでより長く使えたらいい。

 ヘルメット

スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 23:19:30|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瑞浪屏風岩

久しぶりに瑞浪の屏風岩にクラックに行って来た。

 このエリア久しぶりということで以前登ったルートのおさらいをしようと,まず「エースを狙え」へ
 以前に登ってるのにTRはするはテンションはかけるは・・・散々な結果だったけど,おかげでしっかりOWの練習になった??

エースを狙え


 続いて,このエリア初のイトコンと3年ぶりのスズキチにおすすめを紹介。もちろん「新人クラック」だ。
 新人でもないのに,まったく躊躇無くトップロープをセッティングしている奴がいた。(赤色の帽子)
 
 新人泣かせ


 瑞浪に初めて来る人には絶対お勧め。5.9というグレードにふさわしいルートだ。別名「新人泣かせ」というらしいが,新人でもないのにしっかり泣かされてしまった・・・

 最後に「秀則コーナー」を登って,お腹いっぱいで終了。

 しかし,ここから見える風景はなんとも言えない落ち着きがある。時々走り去る中央線がなんとなく懐かさを醸し出してくれる。冬でもポカポカ日当たりの良い岩棚にいると,ついつい昼寝したくなる。
 こんなにほっこりするのだから登れなくても仕方無いな。(言い訳)

屏風

  1. 2007/02/26(月) 00:23:39|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

信楽

2週連続で信楽方面に温泉療養へ

18日
小川亭という旅館の温泉へ
どっしりとした落ち着きある建物は,これまで長年そこに建ち続けてきたという貫禄がある。
中は端から端まで掃き清められていて清潔感たっぷり。トイレが特に綺麗かった。あんまり泊まってる人はいなさそうなのに(失礼)とても生真面目。
きっと落ち着いて泊まれる宿なんだろう。

24日
多々羅温泉へ。ゴルフ場横に併設されているホテルのなかにある。
1,500円と少し高いけど,大きな池が目の前に広がる開放感のある露天風呂はとても気持ちいい。そして何より,ちょっとお高いのと山奥なのもあって人が少ないのが嬉しい。ぼーっとのんびりしてるだけで日頃の疲れを落としてリフレッシュできた。
 ちょっと贅沢な気分が味わえるから,また給料でたら行こう。
  1. 2007/02/26(月) 00:12:21|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大堂海岸

 10日

 大堂海岸デビューした。夜の1時30分に大阪を出発。今回のメンバーはY夫妻と,岩子さん,それから現地合流のHさん。
 ひたすら交代で運転して9時くらいに現地着。

 この日はモンキーエリアへ。久しぶりのクラックということもあって僕自身はかなりビビッていたけれど,それを横目にこーちゃんはさっさとスーパークラックで軽々とウォームアップ。
 さて,私は情けなくもシャトルをフォローで・・・ウォームアップどころか,本気フォロー・・・。
 その後,こーちゃんはモンキーロードをかる~く登っていた。やなっちはモンキー左をOSした後は,噂どおりの役立たずの釣り竿で成果なし。Hさんは渋みをきかせた登りで,モンキーハング右,左,ビックウェーブなどOSしていた。
 岩子さんはスーパークラックをOS。クラックは始めたばかりというのに,どんどん上達しているよう。というわけで皆さん精力的に登っていた。

 大堂1


 私は・・・,ウォームアップでアップアップの後,スーパークラック,ビッグウェーブ(TR),モンキーハング,シャトルを登って本日終了。

 宿泊は大月エコロジーキャンプ場のガンバローではなくてバンガローで。近くのホテルのお風呂も利用できて快適。

 11日

 帰れずエリアへ。
 岩場に着くや否や,Hさんはクライミングそっちのけでズボンのすそを捲り上げてうに漁に。水揚げしたウニをさっそくナッツキーで割って見ると・・・食べるところが無いといって,即刻海に投げ込んでいた。情け容赦ない・・・。そして,ナッツキーはそんなことに使うものではありません!
 引き続き,蜷の一種とか言う貝を捕獲。これは本日の夕食へ。続いてちょっとグロテスクな亀の手とかいう,岩にへばりついて藤壺みたいな貝を教えてもらった。見た目美味しそうに見えないので,大量にいる亀の手の捕獲には触手はそそられなかった。が・・・後々後悔することに・・・。
 さてクライミング,こーちゃんはさっそく熱風セレナーデを2Pワンプッシュで登ってOS。すげ~。すげ~。

大堂2


 私は岩子さんと,オールマイチーと熱風セレナーデをそれぞれ2Pに分けて登った。
 やなっちはモンゴサンタマリアを2トライでRP。すさまじい気合だった。釣りの腕はイマイチだけどクライミングの方はピカイチだ。
 Hさんは,モンゴ~のRPは成らなかったものの,その登りには十分に男っぷりを発揮。極小ナッツを支点に容赦なくフォールしていた。本人曰く「怖い怖い」。とても怖そうに登っていないが・・・。そのメンタルな強さには感服。
  【“大堂海岸”の続きを読む】
  1. 2007/02/13(火) 23:36:10|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

湯村

 3日

 久しぶりに時刻表片手に温泉旅行に出かけた。
京都発7時47分の山陰線で城崎へ

 城崎ではまず一の湯へ。岩をくり貫いたような半露天の洞窟風呂が特徴的。お昼前ということもあって,ほかに入浴客もいない時間帯。一人で洞窟の奥に入っていると,ちょうど少し見える空から日が差し込む時間帯だったので,とても爽快な気分になれた。

城崎


 引き続き電車で,浜坂へ。言わずと知れた「孤高の人」加藤文太郎の故郷。バスの待ち時間にしばらく町をフラフラしながら,加藤文太郎記念館に行ってみた。
 改めて彼の山行を見ていると,今でも厳しい登山を行っていたことに気づかされる。山の中の装備だけをとっても,今とは比べ物にならないほど,重く不快で使い勝手も悪いだろう。愛用のスキーなど,今のハイテクビンディングにカービングしたスキー板に比べれば,ただの板切れになってしまう。まして今ほど交通手段の発達していない時代なのに,1週間以上の冬山山行を年間数回も行っていたパワーとモチベーション。圧倒的な力量を思い知らされる。
 本人撮影の写真や,彼の活躍や遭難を伝える当時の新聞記事を見ているとあっという間に時間が過ぎてしまった。登山愛好者なら是非立ち寄るべきところだ。

 浜坂からバスで湯村へ。公営浴場の薬師湯で本日2回目の温泉に浸かってから今日の宿,伯雲亭へ。親切な女将が迎えてくれる温かい宿だ。カニ三昧の夕食も良かったけど,こぢんまりした露天風呂もゆっくり和ませてもらえる。夕食をはさんで前後に2回も入ってしまった。

 4日

 宿で朝風呂の後,荒湯の足湯へ

湯村


 湯村は山間のこぢんまりして,忙しい毎日の一休みにはうってつけの温泉街だった。
 帰りは七釜温泉経由で浜坂へ。それから餘部駅で途中下車し有名な餘部鉄橋を見学。鉄道マニアっぽい人たちが駅から少し登った写真スポットでたくさんカメラを構えていた。ちゃんと電車の通過時刻が書かれた看板が立てられてあって,電車が来るたびにみんな無口になって撮りまくっていた。僕もがんばって見たけど・・・,透き通るような青空だったのもあって,橋の赤にとても重量感と異物感を感じた。電車だけでなく空と一緒に橋を撮ってみた。

餘部鉄橋2


餘部鉄橋1


 とてもこの季節とは思えない日差しのなか,一度下車すると1時間は後続車が来ない駅でのんびりと過ごした。こんなに人が乗り降りしてるのに,トイレも無い無人駅って他にあるんだろうか。。。商売っ気がないのは良いことだ。

餘部駅


 再度城崎に寄って,今度は地蔵湯に入って帰京した。
この旅は,寝てるか,食べてるか,温泉に入ってるか,どれかだった。1泊2日だったけどとてもリフレッシュできた。
  1. 2007/02/04(日) 22:55:30|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆき

朝起きたらしんしんと雪が降っていた。
いつもと同じ朝だけどなぜか物静かな気がするのは不思議だ。
それでも,まだまだ暖かい雪という気がする。
手袋なしでも自転車を平気に乗れる。
やっぱり異常気象だ。

ゆき

  1. 2007/02/02(金) 23:47:37|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレ

 久しぶりに平日の放課後にトレーニングへ
京都Cに行ってきた。知り合いが何人か来ていたこともあって,楽しくトレーニングできた。
 前回の宿題ばかりでなく今日手をつけた課題も登れて,まずまず満足。しっかりトレーニングして,春を迎えたいなぁ。
 状態の悪さもあって,アイスにイマイチモチベーションもあがらず,かといって岩に向かうわけでもなく,なんとなくクライミング全般に対するモチベーションが落ちているけど,ぼちぼち楽しく登ろうか。
  1. 2007/02/01(木) 00:29:34|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。